県政一般・報道提供資料

令和元年東日本台風(19号)を受けての「水防対策検討会」及び「防災避難対策検討会」の最終報告会開催(提言書の提出)

2020年03月19日提供 資料提供


提供機関

提供課等:危機管理局危機管理政策課   担当/係名:企画担当 
電話番号:0857-26-7892  FAX番号:0857-26-8137
その他関係所属 : 県土整備部 河川課 0857-26-7386

内容

「水防対策検討会」及び「防災避難対策検討会」では、令和元年東日本台風(19号)を検証し鳥取県内で取り組むべき対策を検討してきましたが、この度、最終的な検討結果を提言書として取りまとめられました。
このため、下記のとおり最終報告会を開催し、座長の鳥取大学学長顧問柗見吉晴氏から県へ提言書が手渡されます。

1.日時

令和2年3月24日(火) 午前9時30分から

2.場所

本庁舎 県土整備部長室

3.参加者

(検討会)鳥取大学学長顧問 柗見 吉晴 氏
(鳥取県)危機管理局長、県土整備部長

(参考)提言の骨子

〇水防対策検討会
(短期的取組)
・堤防強化対策(堤防舗装、堤防維持管理強化、水防体制強化)
・バックウォーター対策(樹木伐採・河道掘削の重点化)
・河川情報の発信強化(水位計・河川監視カメラ)
・浸水想定区域に関する住民理解の促進(浸水深表示板の設置等)
・ダム放流に関する安全避難対策(流入予測システム、既存ダムの洪水調節機能強化)
(中長期的取組)
・流域貯留施設(遊水地、霞堤等)の検討
・現河川整備計画メニューの着実な整備

〇防災避難対策検討会
(短期的取組)
・拠点となる避難所の指定の促進
・障がい者等の要配慮者が避難生活で必要な物資を備蓄
・避難スイッチの住民参加型ワークショップの導入
・近年の知見を踏まえた避難所運営の留意点を整理
・ため池の防災避難対策(避難基準に関する対策、管理手法に関する対策等)
(中長期的取組)
・ペットとの同行避難のあり方を整理
・乳幼児がいる世帯の避難環境の確保
・広域避難を円滑に実施するための具体方法を整理
・避難所外の被災者の実態把握や支援について方針を検討
・要配慮者利用施設の避難確保計画の策定を推進
・停電に伴う被害の拡大防止の対策



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。