県政一般・報道提供資料

『夏休み!自由研究 自然エネルギーバスツアー』を実施します

2017年08月08日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部環境立県推進課   担当/係名:次世代エネルギー推進室 
電話番号:0857-26-7879  FAX番号:0857-26-8194

内容

太陽光・風力・水力等の自然エネルギー施設を活用し、未来を担う子どもたちが体験・学習することにより、環境意識の醸成や環境活動の推進を図るため、公立鳥取環境大学生と行く、自由研究にも生かせる「体験型」のバスツアーを下記のとおり実施します。

開催日時・概要

コース開催日時テーマ・内容
西部A8月9日(水)

午前9時30分から午後5時30分まで

「森と温泉のエネルギーを研究しよう!」

木質バイオマスボイラー施設等の見学、太陽光発電工作

西部B8月10日(木)
午前9時30分から午後5時30分まで
「太陽と森のエネルギーを研究しよう!」
バイオマス発電施設等の見学、太陽光発電工作
中部8月16日(水)
午前8時30分から午後5時30分まで
「太陽と風と温泉のエネルギーを研究しよう!」
風力発電施設等の見学、自然エネルギークッキング
東部8月17日(木)
午前9時30分から午後5時30分まで
「水と風のエネルギーを研究しよう!」
水力発電施設等の見学、自然エネルギークッキング
※詳細は添付のチラシを参照してください。
※ストップ温暖化教室・自由研究資料づくりは全コースで実施します。

H29summer_energy_tour.pdfH29summer_energy_tour.pdf

対象者

小学校高学年

参加費

無料

参加者数

各コース約30名

問合せ先

事務局(鳥取県地球温暖化防止活動推進センター)電話0857-52-2700

取材

現地を取材する際は、事前に環境立県推進課又は上記問合せ先の事務局宛に御連絡ください。

【参考】

1 「とっとり次世代エネルギーパーク」
    「次世代エネルギーパーク」(略称「エネパ」)は、子どもから大人まで再生可能エネルギーについて理解を深めるため、再生可能エネルギー利用施設やこれらを見学する工夫が整った地域として経済産業省が認定します。本県は平成25年9月に「とっとり次世代エネルギーパーク」として認定を受け、現在50施設で構成されています。
    本事業は「とっとり次世代エネルギーパーク推進事業」の一環として実施するものです。
2 「とっとり次世代エネルギーパーク」シールラリーを実施しています
 対象のエネパ施設2つを巡って応募された方の中から、抽選で県産品を贈ります。
 【実施期間】7月20日(木)から平成30年1月31日(水)まで
  対象施設・応募方法等は添付のリーフレット又は県のホームページをご参照ください。
  http://www.pref.tottori.lg.jp/268391.htm


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。