県政一般・報道提供資料

第36回全国健康福祉祭鳥取大会(仮称)基本構想策定委員会の開催

2021年08月11日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域づくり推進部スポーツ振興局スポーツ課   担当/係名:ねんりんピック担当 
電話番号:0857-26-7908  FAX番号:0857-26-8129

内容

令和6年秋に鳥取県で初めて開催される「第36回全国健康福祉祭鳥取大会(仮称)」の『大会基本構想』の策定にあたり、関係団体や専門家との意見交換を行うため、第1回「基本構想策定委員会」を開催します。

日 時

令和3年8月17日(火)13時00分から14時30分まで

場 所

とりぎん文化会館 第2会議室

出席者

座 長  鳥取県副知事 亀井 一賀(かめい かずよし)
委 員  関係団体から選出された16名
      県老人クラブ連合会 会長 岡森 裕(おかもり ひろし)
      県社会福祉協議会 会長 藤井 喜臣(ふじい きしん)
      県スポーツ協会 専務理事 山ア 嘉彦(やまさき よしひこ)
      県レクリエーション協会 事務局長 鎌谷 眞理子(かまたに まりこ)
      県観光連盟 専務理事 田中 規靖(たなか のりやす)
      県文化団体連合会 会長 小谷 幸久(こだに ゆきひさ)
      とっとり県民活動活性化センター 専務理事 小林 綾子(こばやし あやこ)
      県商工会議所連合会 事務局長 林 浩志(はやし ひろし)
      県商工会連合会 事務局長 前田 幸広(まえた ゆきひろ)
      県連合婦人会 常任委員 中村 恵子(なかむら けいこ)
      新日本海新聞社 総務局長 荒木 隆宏(あらき たかひろ)
      鳥取大学 准教授 関 耕二(せき こうじ)
      鳥取看護大学 教授 早川 大輔(はやかわ だいすけ)
      県市長会 事務局長 亀屋 愛樹(かめや よしき)
      県町村会 事務局長 進木 克祐(しんのき かつひろ)

内 容

大会の基本方針、目標、テーマ、会期、開催種目等を定めた大会基本構想の策定に向け関係団体、専門家との意見交換を行う。

その他

御来場の際はマスクの着用と会場での手の消毒等に御協力お願いします。

(参考)

全国健康福祉祭(ねんりんピック)の概要
主に60歳以上の者が参加するスポーツ・文化・健康・生きがい関連イベントの全国大会で、昭和63(1988)年以降毎年開催されている。本県からも毎年選手・役員を含む140名程度を派遣している。
・開催期間:4日間
・延べ参加人数:40〜50万人
・選手・監督・役員数:11,000人
・主催:厚生労働省・開催地都道府県・一般財団法人長寿社会開発センター
・内容:スポーツ・文化交流大会、健康づくり教室、美術展、シンポジウム、音楽文化祭等


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。