県政一般・報道提供資料

鳥取大学授業科目「地域就業論」での学生による「ふるさと鳥取アプリ(仮称)」を題材としたワークショップ(デモ版アプリの試用・評価)の実施について

2020年01月21日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部ふるさと人口政策課   担当/係名:関係人口推進室 
電話番号:0857-26-7128  FAX番号:0857-26-8196

内容


若者の転出超過が課題となっている鳥取県では、県内外の大学生等を対象に、スマートフォンを活用して就職情報や地域の話題など、鳥取県を身近に感じる情報を届ける「ふるさと鳥取アプリ(仮称)」を制作中です。
このたび、当該アプリのデモ版(試用版)が完成したことから、鳥取大学の協力のもと、授業科目「地域就業論」(担当 長尾 博暢 鳥取大学キャリアセンター准教授)において、大学生によるアプリの試用及び評価等を行うワークショップを開催します。なお、アプリのデモ版の公開は今回のワークショップが初となります。

1 日時

令和2年1月23日(木)午後4時30分から6時まで

2 場所

鳥取大学共通教育棟C棟5階C51講義室

3 参加者

鳥取大学授業科目「地域就業論」履修学生 70人程度

4 内容

○鳥取県職員による座学
 ・鳥取県の人口減少の現状・アプリ制作の経緯
 ・前回の学生ヒアリング結果の紹介(学生からの主な意見等)
 ・デモ版アプリの機能紹介
○学生による魅力的なアプリづくりについての検討・発表
 ・デモ版アプリの試用・改善点等の検討

5 その他

・検討結果については、今後の機能拡張の際に反映を図っていきます。

【参考】ふるさと鳥取アプリについて

(1)目的
      鳥取県内の就職に関する情報及び地域との関わりを継続するための情報を提供し、将来の県内就職につなげるため、学生等が普段から利用しているスマートフォンへのアプリを構築する。
(2)制作スケジュール
令和元年11月〜:学生ヒアリング実施(11月21日 鳥取大学)
令和2年1月〜:ベータ版アプリ納品、学生モニター実施(1月23日 鳥取大学)
令和2年2月〜:アプリ利用開始(令和2年3月の卒業生の登録を推進)
令和2年4月〜:アプリ機能拡張(随時)(※学生モニター結果を踏まえて機能拡張を検討)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。