県政一般・報道提供資料

鳥取県脱炭素技術研究会・第2回エコカーWGの開催

2022年02月15日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部産業未来創造課   担当/係名:新産業創造担当 
電話番号:0857-26-7244  FAX番号:0857-26-8117

内容

鳥取県は、次世代産業分野参入のプラットフォーム「産業未来創造研究会」を成長市場別に立ち上げて推進しており、このうち喫緊の課題である脱炭素技術市場については、県内企業等約50社の参画を得て「鳥取県脱炭素技術研究会」を立ち上げ、活動を進めています
同研究会内にはWG(ワーキンググループ)を設置しており、エコカー(素材)WGでは、マグネシウムなど新素材の加工技術について議論し、またエコカー(電装品) WGでは電装品の付加価値向上(新機能、精度向上等)に向けた課題を議論してきました。
そして、この度、上記2つのWG合同で第2回エコカーWGを下記のとおりオンラインで開催します。市場が拡大しているEVなどのエコカー市場への参入に向け、県内企業がオンラインで集まり、トヨタ自動車株式会社 トヨタZEVファクトリーの佐竹浩昌氏を講師に迎えて勉強会と意見交換を行います。

1 日時

令和4年2月16日(水)午前10時30分〜12時30

2 開催方法

オンライン開催(Cisco Webex Meetings)

3 参加者

脱炭素技術研究会・エコカー(素材)WG、エコカー(電装品)WG参画企業 (約30社)

4 配信場所

鳥取県議会棟3階 特別会議室控室

5 概要

<講演>
【テーマ】〜CNに向けた〜トヨタZEVファクトリーの取り組み
【講師】トヨタ自動車株式会社 トヨタZEVファクトリー ZEV B&D Lab 事業推進グループ
グループ長 佐竹 浩昌(さたけ ひろまさ)氏

<意見交換> 
【テーマ】令和4年度の事業展開案、今後のWGの進め方等

(参考)脱炭素技術研究会の概要

脱炭素のキーエネルギーである水素や急速なEVシフトなどエコカー産業などを念頭に県内企業約50社の参画を得て、令和3年6月に「鳥取県脱炭素技術研究会」を立ち上げ、以下の3つのWGを設けて技術開発等の検討を進めている。

■分野別WG
【水素サプライチェーンWG(18社)】将来の水素サプライチェーンを見据えた技術実証プロジェクトの検討
【エコカー(素材)WG(17社)】アルミ・マグネシウム等のEV等向けの新素材開発研究等
【エコカー(電装品)WG(12社)】EVなどのエコカー市場参入に向けた電装品等の実証プロジェクトの検討



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。