県政一般・報道提供資料

韓国江原道における山火事被害に対する見舞金の贈呈

2022年03月22日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局交流推進課   担当/係名:韓国交流担当 
電話番号:0857-26-7842  FAX番号:2164
その他関係所属 : 議会事務局(7463)

内容

3月4日から13日にかけて発生した山火事により、江原道が甚大な被害を受けており、鳥取県知事及び鳥取県議会議長の連名で江原道に見舞金として50万円を贈呈します。

1見舞金贈呈の概要

(1)贈呈日 3月22日(火)(送金日)
(2)贈呈者 鳥取県知事 平井伸治、鳥取県議会議長 内田博長
(3)贈呈相手 韓国江原道知事 崔文洵(チェ・ムンスン)
(4)見舞金 50万円

2江原道の被害状況(※3月18日現在の暫定値。江原道災害安全状況室調べ)

○被害総額
(現在調査中)
○人的被害
 死者・負傷者なし、一時避難 1,131世帯 1,756名
○ 財産被害
 被害面積 6,540ha焼失、施設数 201件(住宅82件、工場46件、その他73件)
○ 被災地域
 3市1郡
 三陟(サムチョク)市、江陵(カンヌン)市、東海(トンヘ)市、寧越(ヨンウォル)郡
[被害状況は、韓国政府が設置した中央災害被害合同調査団が調査中]

3韓国江原道での災害に対する見舞金支給状況

・1999年8月 水害に対し見舞金50万円(公費)
・2000年4月 山火事被害に対し見舞金50万円(公費)
・2001年7月 水害に対し見舞金50万円(公費)
・2002年8月 水害に対し見舞金50万円(公費)
・2002年9月 台風被害に対し県職員による義援金約128万円を贈呈
・2003年9月 台風被害に対し見舞金50万円(公費)
・2005年4月 山火事被害に対し見舞金50万円(公費)
・2006年7月 水害に対し見舞金50万円(公費)
・2011年7月 水害に対し見舞金50万円(公費)
・2019年5月 山火事被害に対し見舞金50万円(公費)
・2020年8月 水害に対し見舞金50万円(公費)

4鳥取県の災害に対する江原道からの見舞金

・2000年11月 西部地震に対し見舞金500万ウォン(約50万円)
・2016年10月 中部地震に対し見舞金1,000万ウォン(約100万円)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。