県政一般・報道提供資料

鳥取県西部地震20年フォーラムの開催

2020年09月30日提供 資料提供


提供機関

提供課等:危機管理局危機管理政策課   担当/係名:企画担当 
電話番号:0857-26-7892  FAX番号:0857-26-8137

内容

20年前の10月6日。鳥取県西部地震が発生しました。阪神、淡路大震災に匹敵する規模の地震でありながら、幸いに死者が発生しませんでした。その後も東日本大震災、熊本地震、島根県西部地震、平成30年7月豪雨、令和2年7月豪雨など日本各地で大規模な災害の発生が相次いでいます。
風化が懸念される鳥取県西部地震の教訓や災害は他人事ではないという認識を広く県民に再認識していただくとともに、地震や風水害等に備えた取組みや最新の知見等を紹介することにより、県民の防災意識の向上を図り、県民一人一人が防災、減災マインドを醸成する契機とするため、下記のとおりフォーラムを開催します。

1 日時

令和2年10月6日(火)午後1時30分から午後4時20分まで

2 場所

国際ファミリープラザ ファミリーホール(米子市加茂町2丁目180)

3 概要


(1)主催者あいさつ
(2)基調講演 「鳥取県西部地震をはじめとした近年の大規模災害に備えて」
兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科 科長 室崎 益輝 氏(むろさき よしてる)※室崎(むろさき)氏の崎の字は、やまへんに立(たつ)と可(可能のか)。
(3)パネルディスカッション「大地震や風水害等の被害を軽減するために私たちができること」
○コーディネーター
室崎 益輝 氏
○パネリスト    
鳥取大学工学部准教授 浅井 秀子 氏(あさい ひでこ)[1級建築士。自然災害の被災地での生活再建を住まいの観点で研究]
島根県大田市長 楫野 弘和 氏(かじの ひろかず)[島根県西部地震において災害対応を実施した自治体の長]
鳥取県南部町長 陶山 清孝 氏(すやま きよたか)[被災自治体の長]
日野ボランティアネットワーク 山下 弘彦 氏(やました ひろひこ)[地域活動団体]
NPO法人そ〜る理事長 片岡 奈津子 氏(かたおか なつこ)[平成30年7月豪雨時の倉敷市真備での被災体験者]
鳥取県知事 平井 伸治 (ひらい しんじ)[鳥取県西部地震経験知事]

4 主催者

鳥取県

5 その他

フォーラムはリモートで実施し、インターネットでライブ配信します。新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、一部のパネリストは各地より参加します。 https://www.pref.tottori.lg.jp/173968.htm

添付資料(鳥取県西部地震20年フォーラム開催チラシ)



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。