県政一般・報道提供資料

『鳥取市の花』である『らっきょうの花』を浜坂小学校へ贈呈

2021年10月15日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部東部農林事務所   担当/係名:鳥取農業改良普及所 
電話番号:0857-20-3565  FAX番号:0857−37−1283

内容

鳥取市が全国に誇る「鳥取砂丘」で10月から11月初旬にかけて砂丘畑を赤紫のじゅうたんで覆う「らっきょうの花」は、鳥取市の花として2005年に制定されており、市民から愛され続けています。
 この美しい風景と鳥取県を代表する特産品であるらっきょうを今後を担う小学生へ広くPRするために、鳥取市福部町の若手らっきょう生産者が、浜坂小学校にらっきょうの花(プランター)を贈呈します。

日時

10月18日(月)午後2時20分〜3時5分

場所

浜坂小学校 (鳥取市浜坂1丁目14-1 0857-27-0833 )

参加者

[実施主体]
未来へつなぐらっきょう将来ビジョン研究会 5人
鳥取市職員 1人
鳥取農業改良普及所職員1人

[浜坂小学校]
第5学年生全員104人

日程


(1)児童代表あいさつ
(2)あいさつ 未来へつなぐらっきょう将来ビジョン研究会 代表 西尾祥幸(にしお よしゆき)氏
(3)らっきょうの花およびらっきょうについての説明
(4)児童からの質問
(5)らっきょうの花(プランター4個)の贈呈
(6)記念撮影

『未来へつなぐらっきょう将来ビジョン研究会』の概要


 平成26年、らっきょう生産100年を契機に福部のらっきょう栽培面積の維持と後継者育成を図るため立ち上げられた会。概ね45歳以下の若手らっきょう生産者6名で構成される。今後のらっきょう生産に係る課題の解決策について協議しながら、市場調査や新たな食べ方提案等の活動を行っている。
 らっきょうの花は、鳥取市の花になっているが、一般的に市民に知られていない。そこで、子供達に広く認識してもらおうと平成28年度から、らっきょうの花を小学校に贈呈することを企画した。5カ年で市内全44小学校へ贈呈するよう計画し完了した。今年度以降も食育の一環として、鳥取市の誇れる特産物らっきょうを若い農業者自身の言葉でPRするため、小学校へらっきょうの花(プランター)を届け続けます。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。