県政一般・報道提供資料

中部地区水防訓練の実施

2019年07月31日提供 資料提供


提供機関

提供課等:中部総合事務所中部総合事務所県土整備局   担当/係名:維持管理課管理担当 
電話番号:0858-23-3217  FAX番号:0858-22-0013

内容

 近年、全国的に水害、土砂災害が多発しており、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)では、岡山県倉敷市真備町での河川氾濫による大規模浸水被害、広島県呉市等における土砂崩落など、西日本各地で甚大な被害が発生し、本県でも初となる『大雨特別警報』が発表されたほか、平成30年9月の台風24号で多大な被害が発生している。
 これらの発生状況を踏まえ、鳥取県中部地区の水防体制の強化と災害対応能力の向上を図ることを目的として、市町の消防団員など水防に関わる機関の職員等を対象に、水害時の対応や水防に関する実技等を学ぶ水防訓練を実施します。

日時

8月4日(日) 午後1時30分から午後4時40分まで

場所

天神川河川防災ステーション(倉吉市福守町415-2)

4 参加予定機関等

倉吉市、三朝町、湯梨浜町、琴浦町、北栄町の各消防団(80名程度)及び市町担当職員
国土交通省倉吉河川国道事務所、中部総合事務所県土整備局

5 訓練内容及び日程

時間
内容
備考
午後1時30分〜午後1時40分開会倉吉市防災センター
大会議室
午後1時40分〜午後2時20分講演講師:元佐用町企画防災課長
   久保正彦(くぼ まさひこ)氏
演題:平成21年台風9号災害の記録と復興について
午後2時30分〜午後2時50分講義講師:水防専門家
   永田瑞穂(ながた みずほ)氏
   米田明徳(よねだ あきのり)氏
   茅原伸喜(かやはら のぶよし)氏
(1)水防活動の注意点
(2)住民避難誘導の注意点
(3)大雨の際のパトロールの注意点
午後3時10分〜午後4時30分実技指導指導者:水防専門家
(1)ロープワーク
(2)水防工法
    ・土のう製作
    ・積み土のう工
    ・シート張り工又は月の輪工
水防活動スペース
(屋外)
午後4時30分〜午後4時40分講評〜閉会


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。