県政一般・報道提供資料

全日本空輸株式会社客室乗務員の本県での兼業・居住の開始について

2022年02月17日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部ふるさと人口政策課   担当/係名:人口減対策担当 
電話番号:0857-26-7652  FAX番号:0857-26-8196

内容

鳥取県は、全日本空輸株式会社(以下「ANA」という。)による「新たな働き方(※)」の一つである客室乗務員の兼業及び居住を本県において実施できるようANAと取組みを進めてきましたが、この度下記のとおり新たに2名が本県での兼業・居住を開始することとなりましたのでお知らせします。
 →令和3年12月に客室乗務員1名が移住開始しており、今回2、3例目となります。
 ※ANAでは、一人ひとりにあった多様で柔軟な働き方を実現できるよう遠隔地通勤でフライトを行う働き方を導入したことから、今回の兼業・居住開始につながったものです。

本県での居住・兼業について

ANA客室乗務員として客室乗務を行いながら、本県内に居住し兼業を行う「新しい働き方」を実践する。
(1)居住開始者
 全日本空輸株式会社 客室センター 客室乗務員2名
(2)本県における兼業先
 日本海テレビジョン放送株式会社
(3)兼業開始日
 令和4年3月1日

これまでの経緯

令和3年4月 ANAより在職出向として、木村みゆき観光誘客ディレクターを鳥取県庁で採用。
6月 ANAと本県との間でANA客室乗務員が本県での副業・兼業を行いながら鳥取県へ居住する取組を開始。
8月 ANA客室乗務員へのWEB説明会を実施。
10月 本県での現地説明会を開催(その後も順次実施)。
12月 ANA客室乗務員1名が本県での兼業(鳥取県庁)及び居住の開始。

その他

・ANA客室乗務員が都道府県と共同し地方居住及びグループ外での兼業をセットで行う地方創生の取組みは鳥取県が全国初である。
・ANA客室乗務員の本県への地方居住・兼業については、引き続き関係機関と連携し、希望者の県内企業へのマッチングを行っていく。
・本県は、兼業・副業や「転職なき移住」など、新たな働き方に伴う移住支援を引き続き行っていく。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。