県政一般・報道提供資料

米子港のウォーターフロント活性化に取り組む民間事業者の選定

2021年04月22日提供 資料提供


提供機関

提供課等:県土整備部空港港湾課   担当/係名:港湾担当 
電話番号:0857-26-7380  FAX番号:0857-26-8310
その他関係所属 : 県土整備部空港港湾課

内容

鳥取県が所有する米子港の野積場用地を取得して、米子港周辺のウォーターフロント活性化に取り組む民間事業者を公募型プロポーザル方式により募集したところ、1グループから応募がありました。
3月23日に第三者で構成された審査委員会を開催し、企画提案内容を審査(プレゼンテーション審査)した結果、当グループの提案がウォーターフロント活用策の基本コンセプトとの整合や地域活性化に資する内容であるとして高い評価を受けたことから、下記のグループを優先交渉権者として決定しました。

1 優先交渉権者

区分役割企業名本店所在地
代表企業代表・幹事(株)サテライトコミュニケーションズネットワーク米子市
構成員1創客等三菱UFJ信託銀行(株)東京都
構成員2資金調達(株)山陰合同銀行松江市
構成員3通信技術提供KDDI(株)東京都
構成員4建設全般美保テクノス(株)米子市
構成員5都市開発手法の検討(株)海産物のきむらや境港市
構成員6レストラン運営等(株)桝水リゾート伯耆町
構成員7都市開発(株)K&Sコーポレーション米子市

2 事業用地の提案価格

事業用地 面積 15,963m2
      最低売却価格 314,600,000円
      提案価格 315,000,000円

3 提案内容

○企画テーマ
自然と観光、ビジネスの交流が生み出す心豊かな街づくり・豊かな自然環境に集う「人」と「知恵」、「観光」と「ビジネス」「地域」の融和が創り出す「新しい交流拠点」。
・人々の意識や行動変容を促し人間らしさや心の豊かさを優先する未来の地方創生モデルを目指す。

○主な施設
・サテライトオフィス・海・空・道の駅による交流スペース・ホテル

zenntaizu.pdfzenntaizu.pdf

4 今後のスケジュール

令和3年夏頃優先交渉権者と基本協定締結
令和3年内優先交渉権者が特別目的会社(SPC)等設立後に土地売買契約締結


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。