県政一般・報道提供資料

県産材の間仕切りで飲食店の新型コロナ対策を応援!

2020年06月11日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部林業試験場   担当/係名:木材利用研究室 
電話番号:0858-85-6221  FAX番号:0858-85-6223

内容

鳥取県林業試験場は鳥取市内の飲食店からの提案で、カウンターおよびテーブル用の間仕切りを県産材で試作しました。今後、店舗での実証試験で改良を加え、新型コロナウイルス対策と県産材のPRを兼ねたツールとして普及を図ります。

試作の背景

鳥取市内でイタリア料理店を営む、木下 陽平(きのした ようへい)氏から、鳥取に豊富にある木材でお店の雰囲気に合うコロナ対策用の間仕切りが出来ないか、との提案を頂いた。

試作品

スギ板を接着して幅広にした板と、溝加工した角材を組み合わせた間仕切り

寸法

長辺50から60センチ、短辺40から50センチ、厚さ9ミリ(今後改良の予定)

特長

シンプルなデザイン。脚をひとつにしたことでカウンターでの客側のスペースを確保。木工所にある基本的な機械(丸のこ、カンナ盤)で作ることが出来る。

実証試験

店舗で実際に使用して頂き、聞き取りを行いながら、機能性(板の大きさや安定性、デザイン)の向上、不具合(変形、汚れ等)の改善を図る。

設置場所

ペペネーロイタリア館(鳥取市弥生町308-2)。今後は店舗数を増やして実証試験を行う予定。

参考資料

試作品の写真



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。