県政一般・報道提供資料

吉林省友好交流25周年記念行事(中国吉林省)への参加結果

2019年11月12日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局交流推進課  
電話番号:0857-26-7123  FAX番号:0857-26-2164

内容

高橋紀子鳥取県統轄監が、中国吉林省で開催された本県との友好交流25周年記念行事に、吉林省との交流を行っている県内関係者とともに出席しました。

1 吉林省政府との会見、記念式典

(1)日時  11月11日(月)午後5時から
(2)場所  長春シャングリラホテル(吉林省長春市)
(3)参加者
   吉林省 張志軍(チャン ジージュン)副省長、蒋延輝(ジャン エンフィ)外事弁公室主任ほか
   鳥取県 高橋紀子統轄監、中野隆鳥取県日中友好協会特別理事、国府町因幡の傘踊り保存会、鳥取県内企業ほか
(4)概要
  ・平成6年9月に友好交流に関する覚書を締結してから今年で25周年を迎えるのを記念し、高橋統轄監は、県内の交流関係団体関係者とともに、吉林省張志軍副省長と会談を行い、地域間の交流が重要であることを再確認し、本県と吉林省との友好交流関係を今後も維持・発展させていくことで合意した。
  ・会談の冒頭、張志軍副省長から、「今年の6月に安倍首相の招へいのもと、習近平国家主席がG20に参加し、重要なコンセンサスが得られたことから、鳥取県と吉林省も新しい未来に向けて、新しいより良い友好交流ができるようにしていきたい」と発言があり、高橋統轄監に対して両地域の交流促進への尽力に感謝の意を述べるとともに、「青少年交流を推進し、鳥取県と共に次世代間交流の橋をかけたい」との話があった。
  ・高橋統轄監は、張副省長を始め、吉林省関係者のこれまでの友好交流の尽力に対して感謝の意を述べるとともに、これまでの25年間で築き上げた青少年交流を始めとする交流を次の25年に向けても続けていきたい、と述べた。
  ・会見の後、記念式典が開催され、25年の交流の歩みを振り返り、双方の文化芸術を披露し、関係者一同で祝いあった。

2 吉林省東北師範大学表敬訪問

(1)日時  11月11日(月)午前10時40分〜11時30分
(2)場所  吉林省東北師範大学(吉林省長春市)
(3)対応  東北師範大学副学長 韓東育ほか
(4)概要
  ・韓副学長からは、この度の訪問に対する歓迎の言葉を述べられたとともに、今年友好交流25周年を迎えることに対するお祝いの言葉を述べられた。
  ・高橋統轄監は、1995年から受け入れていただいている21名の県職員が、交流の礎となっていることについて感謝し、今後も引き続き交流を発展させていきたいと述べた。

3 吉林大学表敬訪問

(1)日時  11月11日(月)午後1時40分〜3時
(2)場所  吉林大学(吉林省長春市)
(3)対応  吉林大学学長 張希、吉林大学名誉教授(元鳥取大学教授) 王勝今ほか
(4)概要
  ・張学長からは、鳥取県と吉林省の架け橋となれるよう尽力したいと述べられたとともに、吉林大学と交流している鳥取大学との交流が今後も続いていくことを期待しているとの言葉が述べられた。
  ・高橋統轄監は、長年、学術研究等で交流を続け、今年度はADAS・EVプロジェクトで自動車工程学院の学生派遣に協力いただいていることに対して感謝の言葉を述べ、鳥取県と吉林省の発展のため人材交流を今後も続けていくことが重要であると述べた。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。