県政一般・報道提供資料

倉吉市小鴨道祖神遺跡の現地説明会を開催します

2019年11月05日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域づくり推進部文化財局とっとり弥生の王国推進課   担当/係名:歴史遺産担当 
電話番号:0857-26-7932  FAX番号:0857-26-8128
その他関係所属 : (公財)鳥取県教育文化財団(0858-35-5335)

内容

(公財)鳥取県教育文化財団では、一般国道313号(倉吉道路・倉吉関金道路)の改良工事に伴い、鳥取県の委託を受け、平成29年度に引き続き小鴨道祖神遺跡の発掘調査を行っています。今年度は平成29年度調査区の隣接地を調査し、飛鳥時代から奈良時代(約1400年〜1200年前)を中心とした集落跡を確認しました。ついては、下記のとおり一般の方を対象に現地説明会を開催します。

現地説明会

(1)日時 令和元年11月9日(土)午後1時30分から午後2時30分まで
小雨決行としますが、気象状況(各種気象警報発令時など)により開催困難となった場合は中止します。開催中止となった場合は、当日の午前8時に鳥取県教育文化財団調査室ホームページでお知らせします。
  http://kyo-bun.sakura.ne.jp/chosasitsu.html
(2)場所 小鴨道祖神遺跡発掘調査現場(倉吉市小鴨・北野地内)
(3)駐車場 約30台 駐車台数が限られていますので、なるべくお乗り合わせのうえお越しください。
(4)問い合わせ先 (公財)鳥取県教育文化財団調査室(電話0858−35−5335)

記者公開

(1)日時 令和元年11月7日(木)午後1時30分から午後2時30分まで

小雨決行としますが、気象状況(各種気象警報発令時など)により開催困難となった場合は中止します。
(2)場所 小鴨道祖神遺跡発掘調査現場(倉吉市小鴨・北野地内)
(3)駐車場 約30台
(4)問い合わせ先  (公財)鳥取県教育文化財団調査室(電話9858−35−5335)

調査概要

(1)調査期間  令和元年6月3日〜11月29日(予定)

(2)調査面積  3623平方メートル
(3)調査成果  【倉吉市内で古代の集落跡を確認!】
小鴨道祖神遺跡は通称「天神野台地」と呼ばれる台地上に立地する集落遺跡で、今年度の調査では飛鳥時代から奈良時代を中心とした掘立柱建物24棟、竪穴建物3棟、土坑、溝などの遺構を確認しました。建物は前回調査で確認されたものを合わせると少なくとも掘立柱建物40棟、竪穴建物5棟にのぼり、調査地周辺に集落が広がっていたことがわかりました。遺物には、赤く塗られた坏や皿、煮炊きに使用した甕やカマドなどが多く見られ、鉄製品(鎌)も出土しました。
倉吉市内における当該期の集落構造の詳細がわかる事例は少なく、特に地域の歴史を解明する上で貴重な調査例となりました。

現地説明会会場

別添のとおり

<自家用車を御利用の方>
国道313号線「西倉吉町束」交差点より県道237号線へ約4分
<公共交通機関を御利用の方>
日交バス関金線(関金)または(明高)「西倉吉町」停留所下車、南西へ徒歩約25分

問い合わせ先

(公財)鳥取県教育文化財団調査室 (担当:小口、森本)
電話:9858−35−5335   携帯:080−5757−9489

参考資料

現地説明会会場



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。