県政一般・報道提供資料

個人情報(個人番号カード)の紛失

2020年04月03日提供 資料提供


提供機関

提供課等:西部総合事務所西部総合事務所福祉保健局   担当/係名:健康支援課 
電話番号:0859-31-9306  FAX番号:0859-34-1392

内容

西部総合事務所福祉保健局において、審議会委員への給与にかかる源泉徴収事務のため個人番号カード(マイナンバーカード)の写しの提供を受け、当該番号をデータベースに登録するため、県庁庶務集中課に郵送したが、送付日以降10日経過しているにも関わらず未着であることが判明しました。

    このことを受けて、ご本人に謝罪するとともに、今後同様のことが起きないよう個人情報の適切な管理について注意喚起を行い、再発防止策を講じて、個人情報の適切な管理に努めます。                                                                       

経緯          

3月16日 源泉徴収事務に必要なため、新任委員1名から個人番号カードの写しの提供を受けた。  3月17〜19日頃 当局から県庁の庶務集中課宛に県庁便で個人番号カードの写しを送付した。
 4月1日 個人番号カードに係る庶務集中課での入力が未了のため、庶務集中課に処理状況について確認したところ、該当委員の個人番号カードの写しが届いていないことが判明した。
 ※4月1日以降、福祉保健局内及び庶務集中課を調査しましたが、当該写しが発見できず、外部に出たことは考えにくいことから、他の個人情報書類とあわせて、裁断(シュレッダー)された可能性があると考えております。 

原因

 個人情報の流出防止のための取扱いが職員間で徹底されていなかったことによる。(県庁内部への郵送ということで、個人情報に関する対応がなされていなかった。)
 ・個人情報を発送する際の中身のダブルチェックができていなかった。
 ・個人情報を発送した際の記録が残されていなかった。

紛失した個人情報

個人の住所、氏名、生年月日、個人番号 等

対応状況

4月2日(木)の午後5時半にご本人に直接謝罪し、今後の再発防止に努めることをお伝えしました。

再発防止策

(1)県庁内部への郵送であっても、外部へ郵送する場合と同様に、個人情報に係る適切な取扱いを局内で徹底する。
(2)審議会委員の源泉徴収事務のため個人番号カードの提出があった場合は、審議会委員等報酬支払DBへの入力を徹底する。(原則、郵送しない。同DBは県庁の内部ネットワークに置かれたデータベースであり、インターネット網に接続されておらず、外部への流出、紛失の可能性が無いため。)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。