県政一般・報道提供資料

PM2.5情報(注意情報)

2020年08月07日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部環境立県推進課   担当/係名:星空環境推進室 
電話番号:0857-26-7206  FAX番号:0857-26-8194

内容

日の鳥取県内の微小粒子状物質(PM2.5)の濃度は、国暫定指針値(健康影響が出現する可能性が高くなると予測される暫定的な水準:1日平均値70マイクログラム/立方メートル)に近い値が予想されます。
各市町村及び関係機関においては、関係者へ、午後からの活動に備えた注意喚起等をお願いします。
最新情報はホームページから確認できます。 http://tottori-taiki.users.tori-info.co.jp/taiki/pc/top/

対象日

令和2年8月7日(金)

対象期間

1日間(本日のみ)

対象範囲

県内全域

注意喚起の基準

午前5時から正午までの1時間値の平均値の県内最大値から予想した当日の日平均値が、注意喚起のための国暫定指針値に近い値となると予想される場合。
    
   表)注意喚起基準                                            (単位:μg/m3)
区分
内容
判断基準
(5時から正午までの1時間値の平均値の県内最大値)
本日の測定値
(5時から正午までの1時間値の平均値の県内最大値)
1
注意情報
国暫定指針値に近い値を予想
70超
71.6(米子局)
2
警戒情報
国暫定指針値超過を予想 *
80超

* 国暫定指針値(日平均値70μg/m3):健康影響が出現する可能性が高くなると予測される暫定的な水準

(参考1)環境基準(日平均値35μg/m3):人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準

(参考2)県内測定局の測定値(#:最大):鳥取42.9、倉吉48.4、米子71.6#、境港61.8 

行動のめやす

マスクやうがい、外出を控える等の予防措置が望まれる。特に、呼吸器系や循環器系疾患のある者、小児、高齢者等の高感受性者は健康への影響が見られる場合もあるため、不要不急の外出を控える等の予防措置をとるとともに体調の変化に注意する。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。