県政一般・報道提供資料

令和元年度「鳥取県ハンター養成スクール」第7回(解体実習・閉校式)の開催

2019年11月12日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部緑豊かな自然課   担当/係名:自然環境保全担当 
電話番号:0857-26-7872  FAX番号:0857-26-7872

内容

9月から実施してきたハンター養成スクールの最終回として、イノシシ解体実習等を開催します。

1 日時等

(1)日時  11月17日(日)午前10時から午後4時まで
(2)場所  鳥取市鹿野町総合支所 第1、第2会議室(鳥取市鹿野町鹿野1517)
       イノシシ食肉解体処理施設(鳥取市鹿野町鹿野493-3)等

(3)内容・スケジュール
時間
講習内容
場所
午前10時〜
10時30分
「自家消費のための衛生管理」(座学)
 [講師:株式会社野生鳥獣対策連携センター]
鳥取市鹿野町総合支所
第1、第2会議室
午前10時45分
11時45分
「イノシシの止めさし・血抜き」(実習)
 [講師:シシボタンの会]
捕獲現場
正午
午前12時45分
ジビエ弁当試食会
 [講師:いなばのジビエ推進協議会]
鳥取市鹿野町総合支所
第1、第2会議室
午後1時3時「イノシシ解体実習」(実習)
 [講師:シシボタンの会]
イノシシ食肉解体処理施設
午後3時15分
4時
閉校式 ・スクール受講の感想(各受講生)
    ・閉校あいさつ
鳥取市鹿野町総合支所
第1、第2会議室
※実習時間は当日の状況により前後する可能性があります。

2 スクール概要

(1)主催

鳥取県(企画・運営:(株)野生鳥獣対策連携センター、協力:一般社団法人鳥取県猟友会、いなばのジビエ推進協議会)

(2)目的
 増えすぎたニホンジカやイノシシを減らす上で、捕獲を担う狩猟者の確保・育成が喫緊の課題となっている。狩猟免許取得後の新人狩猟者を対象として、野生鳥獣の捕獲技術から捕獲個体の解体・ジビエ利用までの幅広い知識・技術の習得を目的とした講習や実践的な現地実習等を開催し、有害鳥獣捕獲等の即戦力となる狩猟者の育成を行う。

(3)実施期間  令和元年9月15日から11月17日(全7回) ※カリキュラムのとおり

(4)受講生
46名(わな猟コース:36名、第一種銃猟コース:2名、わな猟・第一種銃猟コース:8名)
※募集定員(40名程度)を越える多数の応募があったため、可能な限り増員して受講生を決定した。

3 実習の取材に当たっての注意事項

○実習の取材に当たっては、安全管理・事故防止の観点から、必ず講師及びスクール運営スタッフの指示に従い対応願います

参考資料

全カリキュラム



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。