県政一般・報道提供資料

危険!!道のゴミ捨て事故のもと!河川のゴミ捨て水害のもと!

2016年06月21日提供 資料提供


提供機関

提供課等:中部総合事務所中部総合事務所県土整備局   担当/係名:維持管理課管理担当 
電話番号:0858-23-3216  FAX番号:0858-22-7863

内容

1 概要

 県が管理する道路、河川には多数のゴミが不法に投棄されています。
 不法投棄は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されている犯罪であるばかりでなく、道路区域に投棄されたゴミは交通事故の、河川区域内に投棄されたゴミは水害の、それぞれ原因となりかねない危険な行為です。
 ついては、鳥取県中部地区(倉吉市、東伯郡)の道路、河川を管理する中部総合事務所県土整備局でも、6月の「環境月間」にあわせ、以下のとおり道路、河川へのゴミ捨て防止の取り組みを行います。
(県土整備局がこのような取組みを行うのは初めてのことです。)

2 期間

平成28年6月23日(木)から6月30日(木)まで

3 場所

鳥取県中部地区の県管理道路(国道179号、313号、482号、県道)、河川

4 内容

 道路、河川へのゴミ捨ては交通事故や水害の原因となる危険な行為であることを広報しゴミ捨てを防止するとともに、現在行われているゴミ捨てに対しては厳しく対処します

(1)重点的な道路パトロール、河川パトロール
 当局では、道路、河川に異常箇所等がないか、毎日パトロールを実施していますが、期間中は不法投棄について、特に重点的に監視します。
道路、河川への不法投棄を発見した場合は、速やかに関係機関へ通報します。
 不法投棄の原因者は、投棄されたごみの撤去を求められ、廃棄物の処理及び清掃に関する法律により重い刑罰が科せられるほか、道路に投棄した廃棄物により交通に支障を及ぼすおそれを生じさせ た者は、道路法により刑罰が科せられることもあります。

(2)広報による意識啓発
 期間中は、中部総合事務所県土整備局が管理する道路情報板(19台)、ホームページ等で、道路、河川へのゴミ捨てを行わないよう広報を実施します。

5 背景

 道路、河川へのゴミ捨ては交通事故や水害の危険性を高め、住民からの苦情も多く、また、その対処が道路、河川管理上大きな負担となっています。

また、道路、河川では多くのボランティアの皆さんに愛護活動(草刈り、清掃等)を行っていただいているところですが、ゴミの清掃が大変なほか、草刈り作業等の際にゴミが原因で事故(負傷)の危険も生じています。

6 その他

 鳥取県中部地区では、今年10月14日〜17日、WTC(ワールドトレイルズカンファレンス鳥取大会)が開催されることから、「世界中からのお客さまを、きれいな道、きれいな川でお迎えしよう」、「道路や川にゴミを捨てるのは恥ずかしいことだ」という機運の盛り上げをはかります。(WTCホームページ http://www.walkingresorttottori.org/

 中部総合事務所は今後も、7月下旬に河川清掃、8月上旬に道路清掃(後日別途資料提供します。)を行うとともに、10月の廃棄物不法投棄防止強化月間にあわせて再度同様の取組みを行う予定です。
(写真は昨年開催されたアジアトレイルズカンファレンス鳥取大会



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。