県政一般・報道提供資料

鳥取県がんフォーラム・厚生病院健康公開講座「外来がん薬物療法の副作用対策」の開催

2019年02月22日提供 資料提供


提供機関

提供課等:病院局厚生病院   担当/係名:事務局経営課企画担当 
電話番号:0858-22-8181  FAX番号:0858-22-1350

内容

外来がん薬物療法の副作用対策をテーマに、がん診療に携わる医師、看護師、薬剤師が各がん診療連携拠点病院での取組みを発表するフォーラムを開催します。
※手話通訳があります。

日時

3月3日(日)午後1時30分〜午後4時

場所

倉吉交流プラザ2階視聴覚ホール
(倉吉市駄経寺町187-1 0858-47-1181)

内容

特別講演及びがん診療連携拠点病院からの発表(時間はおおよその目安です)
(1)特別講演(午後1時35分〜午後2時45分)
  「がん薬物療法の効果を高める支持療法」
   香川大学医学部臨床腫瘍学講座教授 辻 晃仁(つじ あきひと)
(2)がん診療連携拠点病院発表(午後3時〜午後3時50分)
  「外来がん薬物療法の副作用対策」
  1)「乳がんの外来薬物療法の副作用対策」
    鳥取市立病院外科診療局長 小寺正人(こでら まさひと)
          がん薬物療法認定薬剤師 滝田敬子(たきた ゆきこ)
  2)「当院における外来化学療法の副作用対策」
    米子医療センター 化学療法センター がん化学療法看護認定看護師 永瀬美沙(ながせ みさ)
  3)「FOLFIRINOX療法を受ける患者のセルフケア支援」
    鳥取大学医学部附属病院 外来化学療法室 がん化学療法看護認定看護師 平尾敦子(ひらお あつこ)
  4)「分子標的治療薬の皮膚障害に対して外来治療室の取り組み」
    鳥取県立中央病院 中央処置室・外来治療室副看護師長 がん化学療法看護認定看護師 安達直美(あだち なおみ)
  5)「皮膚障害のセルフケアの実施が困難な事例への関わり」
    鳥取県立厚生病院 外来副看護師長 がん化学療法看護認定看護師 杉本咲月(すぎもと さつき)
   「大腸がんの化学療法の副作用について」鳥取県立厚生病院 消化器外科医長 安宅正幸(あたか まさゆき)
 座長 厚生病院副院長 吹野俊介(ふきの しゅんすけ)

参加費

無料

予約

不要ですが、先着順で定員(150名)になり次第、入場終了とさせていただきます。

主催

鳥取県立厚生病院

共催

鳥取県がん診療連携協議会、倉吉市教育委員会

後援

鳥取県健康対策協議会、公益社団法人鳥取県医師会、公益社団法人鳥取県中部医師会、
一般社団法人鳥取県歯科医師会、一般社団法人鳥取県診療放射線技師会、
一般社団法人鳥取県臨床検査技師会、鳥取県細胞検査士会、
一般社団法人鳥取県薬剤師会、公益社団法人鳥取県看護協会、一般社団法人鳥取県理学療法士会、
公益財団法人鳥取県保健事業団、株式会社新日本海新聞社、
倉吉市、湯梨浜町、三朝町、北栄町、琴浦町

参考資料

チラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。