県政一般・報道提供資料

特別講演会「IoT・AI最新技術動向とビジネスのいま」を開催します 〜「とっとりIoT推進ラボ」産学官連携IoT・AI人材育成プログラム2018がスタートします〜

2018年07月06日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部産業振興課   担当/係名:次世代産業担当 
電話番号:0857-26-7564  FAX番号:0857-26-8117

内容

 第4次産業革命の実装、働き方改革の推進等の中で、IoT・AIなど先端技術の利活用が注目を集め、それらの技術を利活用できる人材は分野を問わず強く求められています。
県では、昨年度立ち上げた「とっとりIoT推進ラボ」の主要事業の一つとして先端技術利活用に係る人材育成を強化していくこととしており、その一環として、学術機関を拠点とした「産学官連携IoT・AI人材育成プログラム構築事業」を実施いたします。
 今回、その第一弾事業として、特別講演会「IoT・AI分野の最新動向とビジネス事例」及び座談会を開催します。

1.特別講演会「IoT・AI最新技術動向とビジネスのいま」

(1)日時  7月11日(水)
        【特別講演会】午後4時30分から午後6時まで
        【座談会】午後6時15分から午後8時頃まで

(2)会場  鳥取大学工学部講堂(K棟)(鳥取市湖山町南4丁目101番地)
        【特別講演会】工学部講堂(K棟)
        【座談会】デザインスタジオ(ものづくり教育実践センター横)

(3)参加者   【特別講演会】県内大学生・高専生・高校生・企業若手エンジニア等 約130名
        【座談会】県内大学生・高専生・企業若手エンジニア等 約30名

(4)内容  【特別講演会】
         テーマ:「IoT・AI技術動向とビジネスのいま」
         講師:神戸デジタル・ラボ 取締役 村岡 正和(むらおか まさかず)氏
         内容:IoT・AI最先端ビジネスについて
            IoT最新テクノロジーについて
            国内外の事例紹介と今後の展望について
        【座談会】
         講演会終了後、座談会形式でより近い距離感で講師の村岡氏をはじめ、参加者同士でIoT・AIの利活用や、先端技術を未来予測など議論します

(5)主催  鳥取県・「とっとりIoT推進ラボ」

(6)共催  鳥取大学工学部ものづくり教育実践センター(ICEE)

(7)ホームページ http://www.pref.tottori.lg.jp/277777.htm

2.参考(次回予告)

(1)名称  「AIディープラーニングハンズオンセミナー」

(2)日時  8月10日(金)午前8時45分から午後6時まで

(3)場所  鳥取大学コミュニティ・デザイン・ラボ(鳥取市湖山町南4丁目101番地)

(4)対象者  県内大学生・高専生・高校生・企業若手エンジニア等 約20名(参加無料)

(5)内容  ディープラーニングを用いた画像認識アプリ/サービスの開発方法についてハンズオン形式で学ぶ。

参考資料

特別講演会「IoT・AI最新技術動向とビジネスのいま」チラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。