県政一般・報道提供資料

鳥取県庁舎(耐震改修工事)の耐震改修優秀建築表彰の受賞決定

2017年01月26日提供 資料提供


提供機関

提供課等:総務部営繕課   担当/係名:教育施設・技術企画担当 
電話番号:0857-26-7394  FAX番号:0857-26-8141

内容

鳥取県庁舎(耐震改修工事)が、平成28年度耐震改修優秀建築・貢献者表彰(主催:一般財団法人日本建築防災協会、後援:国土交通省他)の耐震改修優秀建築賞に選定されました。

耐震改修優秀建築賞建物

(1)建物名称 鳥取県庁舎(耐震改修工事)
(2)住所 鳥取県鳥取市東町一丁目220番地

(平成28年度耐震改修優秀建築・貢献者表彰)※詳細は添付資料参照
・目的
耐震改修を実施した既存建物のうち耐震性、防災・安全性、意匠性に優れた建築物及び関係者と、耐震改修の促進及び耐震改修技術の発展等に顕著な貢献を行った者を表彰することにより、既存建築物の耐震性、防災・安全性の確保促進に寄与し、健全な建築ストックの形成に貢献するもの

・表彰対象
耐震改修竣工後、平成28年4月1日時点において15年以内の建築(戸建て住宅は除く)で、優れた耐震改修を実施した建築物及びその耐震改修に主体的に関わった関係者

・審査基準
耐震性、防災・安全性に優れているか、意匠、機能性について考慮されているか、地域における耐震改修の規範となることが期待できるか、など総合的に評価

・募集期間 平成28年5月2日〜7月31日

・審査結果
国土交通大臣賞耐震改修優秀建築賞1物件、日本建築防災協会理事長賞耐震改修優秀建築賞2物件、耐震改修優秀建築賞5物件が選定された。(鳥取県庁舎は耐震改修優秀建築賞を受賞)

県庁舎耐震改修工事の概要

(1)工期  平成21年11月〜平成23年12月
(2)工事費  約25億円
(3)設計者  大成建設・桂設計事務所特定設計業務共同企業体
(4)施工者  大成建設・大和建設特定建設工事共同企業体
(5)工事内容
・建物の基礎下に免震装置を設置し、高い耐震安全性を確保。
・建物内部の工事がほとんど無く、県庁の執務、県民サービスを継続した状態で施工。
・耐震改修後の目標使用年限は50年を想定。

参考資料

添付資料



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。