県政一般・報道提供資料

とっとり弥生の王国調査整備活用委員会調査研究部会(青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡担当)を開催します

2019年06月27日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域振興部文化財課   担当/係名:歴史遺産室 
電話番号:0857-26-7934  FAX番号:0857-26-8128

内容

令和元年度とっとり弥生の王国調査整備活用委員会調査研究部会(青谷上寺地遺跡担当)を下記のとおり開催しますので、ぜひ取材いただきますようお願いします。

日時

7月4日(木) 午後0時20分から午後3時まで

場所

青谷上寺地遺跡第18次調査区現地(鳥取市青谷町青谷)
鳥取市青谷町総合支所2階多目的ホール(鳥取市青谷町青谷667番地)

主な内容

令和元年度発掘調査(第18次調査)の現段階での成果について

※青谷上寺地遺跡第18次調査では、昨年度に引き続き、これまで様相が明らかでなかった遺跡の中心域の北側の調査を行っています。調査の進展によって、昨年度検出された弥生時代終末期から古墳時代前期前葉(約1,700〜1,800年前)の土木工事の様相がより詳細になりつつあり、今回の調査研究部会では現段階での調査成果を報告し、各委員から指導をいただきます。

とっとり弥生の王国調査整備活用委員会調査研究部会(青谷上寺地遺跡担当)

青谷上寺地遺跡の学術的な発掘調査の方法・計画について専門的に検討する。
専門委員氏名所属
考古学木下 尚子(きのした なおこ)熊本大学文学部 教授
考古学野島 永(のじま ひさし)広島大学大学院 教授
考古学長友 朋子(ながとも ともこ)立命館大学文学部 教授
古環境学辻 誠一郎(つじ せいいちろう)東京大学 名誉教授
保存科学降幡 順子(ふりはた じゅんこ)京都国立博物館 保存科学室長

公開について

この会は県民の皆様に公開します。下記のとおり当日に傍聴の申込を受け付けます。
(1)傍聴定員 20名(先着順、定員になり次第締め切ります。)
(2)受付開始時刻 午後0時10分から
(3)受付場所 鳥取市青谷町総合支所2階多目的ホール(会場)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。