県政一般・報道提供資料

ロシア極東地域から囲碁交流団が来県します!

2019年11月20日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局交流推進課   担当/係名:ロシア交流担当 
電話番号:0857-26-7240  FAX番号:2164

内容

ロシア極東地域在住の囲碁愛好家からなる交流団が来県し、県内の棋士と東部・中部・西部でそれぞれ交流対局を行います。

1 来県者

ロシア極東地域在住棋士9名(沿海地方8名、サハ共和国1名)
団長:アルハロフ・アンドレイ(アマ六段)、フョドロフ・アレクサンドル(アマ四段)等

2 日程

月日
主な日程
11月22日(金)
【来県】米子市着
11月23日(土)
午前10時〜午後5時 米子囲碁会館(米子市角盤町2丁目85)にて交流対局
11月24日(日)
午後1時〜4時30分 赤瓦16号館淡雪(倉吉市東仲町2589)にて交流対局
11月25日(月)
    午前9時30分〜12時30分 鳥取市高齢者福祉センター(鳥取市富安2丁目104-1)にて交流対局
    午後1時40分〜 鳥取砂丘等視察後、離県
    上記日程中、11月23日から25日までの主な日程については、取材可能です。詳細は担当までお問い合わせください。

3 経緯

2015年、沿海地方囲碁交流団が初来県。吉備真備杯(鳥取市賀露町)に参戦。
    2016年及び2017年、女流本因坊戦三朝大会に合わせ来県。記念囲碁大会等に参加。
    2018年6月、県が鳥取県囲碁連盟所属棋士からなる囲碁交流団を沿海地方に初めて派遣。現地で沿海地方囲碁連盟会長らの歓待を受け、交流対局等を実施。
    2019年1月、日露青年交流センター事業として受入事業実施。棋聖戦第2局及び記念大会が境港市で開催される好機を捉え、ロシア極東地域から交流団を招聘し、棋聖戦観戦の他、県内各地で囲碁交流及び文化体験等を実施した。
    今回は初めてサハ共和国在住の棋士が参加。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。