県政一般・報道提供資料

「第1回鳥取県中部地区水防訓練」を開催します! 〜地区の国、市町村、県の共同訓練は県内初!照明車も出動します〜

2016年09月07日提供 資料提供


提供機関

提供課等:中部総合事務所中部総合事務所県土整備局   担当/係名:維持管理課管理担当 
電話番号:0858-23-3216  FAX番号:0858-22-7863

内容

近年、全国的に水害、土砂災害が多発し、本県でもいつ同様の事態が発生してもおかしくない状況を受け、中部地区の国、市町、県が共同で、新たに水防訓練を実施します。

【ここが見どころ】

1)中部地区(倉吉市、東伯郡)の国、市町、県が共同で訓練を実施。地区単位の共同訓練は県内でも初めてです。
2)国土交通省の照明車が出動。周囲が薄暗い状況下での実践的な訓練を実施します。
3)豊岡市消防団長、同市防災課職員が来倉。豊岡市台風23号災害(2004.10.20)の体験を踏まえた講演をいただきます。
(豊岡市HPトップページ > 災害・防災情報 > 台風23号関連〜語り継ぐあの記憶〜)

1 日時

平成28年9月11日(日) 午後3時30分から午後6時30分まで

2 場所

天神川河川防災ステーション(倉吉市福守町415−2)

3 参加人数

約170名(各市町消防団員(140名程度)、各機関水防担当職員(30名程度))
(参加団体)
国土交通省中国地方整備局倉吉河川国道事務所、倉吉市、三朝町、湯梨浜町、琴浦町、北栄町、鳥取県

4 訓練日程(予定)

午後3時30分 開会
午後3時35分 講演(豊岡市及び同市消防団による講演)
午後4時15分 講義(水防専門家による講義)
 1.水防法について、2.水防活動を行うための準備体制、B水防活動等の注意
午後5時 実動訓練
 1.ロープワーク、2.水防工法(土のう製作、積み土のう工、シート張り工、月の輪工)
午後6時30分 閉会

5 その

・大雨または洪水等に関する「警報」が発令され、実際の水防活動が必要と認められる場合等は訓練中止とします。(当日午前6時決定予定)
・中部地区水防訓練は、今後毎年実施する予定です。(国、県の訓練が中部地区で開催される年を除きます。また、その際実施時期、場所等は変更となることがあります。)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。