県政一般・報道提供資料

令和3年12月末現在 外国人住民数について

2022年02月24日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局交流推進課   担当/係名:多文化共生・旅券担当 
電話番号:0857-26-7595  FAX番号:0857-26-2164

内容

鳥取県内の外国人住民総数は4,487人で、前年同期比425人、8.7%の減少(令和2年以降2年連続の減少)となりました。

1 国籍別

多い順に、
1ベトナム  1,203人(外国人住民総数の26.8%)
2韓国・朝鮮  895人(同19.9%)
3中国     761人(同17.0%)
4フィリピン  608人(同13.6%)
5インドネシア 143人(同3.2%)

対前年伸び率でみると、フィリピン(4.1%:24人増)は増加したが、一方でベトナム(△17.2%:250人減)が減少に転じ、韓国・朝鮮(△4.3%:40人減)、中国(△2.4%:19人減)は減少傾向が続いている。

2 在留資格別

多い順に、
1技能実習   1,164人(前年同期比△399人、25.5%減(外国人住民総数の25.9%))
2永住者    1,027人(前年同期比△4人、0.4%減(同22.9%))
3特別永住者   774人(前年同期比△32人、4.0%減(同17.2%))
4特定活動    251人(前年同期比38人、17.8%増(同5.6%))
5留学      220人(前年同期比△104人、32.1%減(同4.9%))
※特定活動について
法務大臣が個々の外国人について特に指定する活動(外交官等の家事使用人、ワーキング・ホリデー等)。なお、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本国への帰国が困難な技能実習生について、特定活動への在留資格変更が認められている。
 

3 鳥取県外国人住民数調査

鳥取県による独自調査。毎年12月31日現在の外国人住民数について、各市町村に住民基本台帳における外国人住民数を照会し集計。国籍別推移、在留資格別推移をホームページで公表。

4 ホームページURL



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。