県政一般・報道提供資料

【リオ・パラリンピック銀メダリスト道下美里選手がメダルを持って激励にやってきます】 鳥取県と三井住友海上火災保険株式会社との地方創生に係る包括連携協定書調印式の開催

2017年01月31日提供 資料提供


提供機関

提供課等:元気づくり総本部元気づくり推進局参画協働課   担当/係名:ボランティア・協働担当 
電話番号:0857-26-7071  FAX番号:0857-26-8196

内容

鳥取県と三井住友海上火災保険株式会社とは、地方創生の推進に資する取組を実施することにより、地域の様々な課題に対応し、震災復興及び地域の活性化、県民サービスの向上を推進することを目的として、包括連携協定を締結することとなり、下記のとおり調印式を行います。
協定項目では、鳥取県中部地震からの復興に向けて「震災復興・とっとりを元気にするための支援」を柱の一つとして掲げています。
なお、当日は、三井住友海上火災保険(株)所属のパラアスリートで、リオデジャネイロパラリンピック 視覚障がい者女子マラソン 銀メダリストの「道下美里(みちした みさと)」選手においでいただき、とっとりを元気にするためのエールをお送りいただきます。

調印式概要

(1)開催日 2月3日(金) 午後3時10分から3時45分まで
(2)場所  知事公邸 第1応接室(鳥取市東町一丁目133)
(3)出席者 三井住友海上保険株式会社
     執行役員中国本部長 嶋津智幸(しまず ともゆき)氏
     九州本部(パラアスリート)道下美里(みちしたみさと)選手
     鳥取県知事 平井伸治
(4)内容  包括連携に関する協定書への署名、記念撮影、連携事業概要説明
       道下選手からの鳥取県へのメッセージ

協定の概要

(1)協定期間 平成29年2月3日から平成30年3月31日まで(以後、1年更新)
(2)協定項目
ア 震災復興・とっとりを元気にするための支援
イ 災害対応・危機管理・リスクマネジメント支援
ウ 中小企業等への経営支援
エ 環境保全等の推進
オ その他地域の活性化・県民サービスの向上

三井住友海上火災保険株式会社の概要

三井住友海上保険株式会社は、2001年10月に三井海上火災保険株式会社と住友海上火災保険株式会社の合併により誕生。
2010(平成22)年4月には、三井住友海上グループ、あいおい損害保険株式会社、ニッセイ同和損害保険株式会社が経営統合し、「MS&ADインシュアランスグループ」が発足。現在では、このグループ傘下、子会社の中核企業の一つ。
○創業    1918年(大正7年)10月
○資本金   1,396億円
○本社所在地 東京都千代田区神田駿河台3-9
○取締役社長 原 典之
○社員数   14,691名(H28.3.31現在)
○代理店数  42,198店(H28.3.31現在)
○国内拠点  営業部支店:116、営業課・支社:496、保険金サービスセンター:226
○海外拠点  42か国・地域、駐在員約250名(H28.7.1現在)

パラアスリート 道下美里(みちした みさと)選手プロフィール

(1)競技種目 陸上競技(マラソン・トラック種目)
(2)入社年度 2016(平成28)年
(3)所属 三井住友海上火災保険(株) 九州本部
(4)主な戦績
マラソン(女子)リオデジャネイロ パラリンピック 銀メダル 3時間6分52秒
   ※ 視覚障がい者女子マラソンはリオデジャネイロ大会から正式種目
マラソン(女子)日本記録保持/世界歴代2位(H29.1現在) 2時間59分21秒

参考

鳥取県と損保会社との包括連携協定の締結については、3例目となります。

  ○東京海上日動火災保険株式会社・東京海上日動あんしん生命株式会社
    締結日  平成28年8月25日(木)
  ○損害保険ジャパン日本興亜株式会社
    締結日  平成28年9月8日(木)

参考資料

三井住友海上火災保険株式会社との包括協定に基づく新たな取組について



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。