県政一般・報道提供資料

令和2年度鳥取県失語症者向け意思疎通支援者養成研修を開催します

2020年09月02日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課   担当/係名:社会参加推進室情報アクセス担当 
電話番号:0857-26-7201  FAX番号:0857-26-8136

内容

失語症者の福祉の増進に資することを目的として、失語症者とのコミュニケーションを支援するための意思疎通支援者を養成する研修がスタートします。

1 日時

令和2年9月5日(土) 午前10時〜午後4時
 ※講座は全7回で構成されており、今回はその1回目

2 会場

鳥取市民交流センター 多目的室1

3 研修プログラム

月日
時間
内容
場所
9月5日(土)
10時〜16時
開講式・オリエンテーション、失語症概論、意志疎通支援者とはなにか、意志疎通支援者の心構えと倫理、コミュニケーション支援技法1鳥取市民交流センター
多目的室1
9月19日(土)
9時〜16時
身体介助の方法、身体介助実習、外出同行支援、外出同行支援実習鳥取市民交流センター
多目的室1
9月20日(日)
9時〜16時
コミュニケーション支援実習1、コミュニケーション支援技法1、失語症のある人の日常生活とニーズ鳥取市民交流センター
多目的室1
10月10日(土)
10時〜16時
外出同行支援実習わらべ館
10月11日(日)
9時〜16時
コミュニケーション支援実習1、外出同行支援実習鳥取市民交流センター
多目的室1
10月24日(土)
9時〜16時
コミュニケーション支援実習1鳥取市民交流センター
多目的室1
11月14日(土)
9時〜16時
コミュニケーション支援実習1、派遣事業と会話支援者の業務、閉講式鳥取市民交流センター
多目的室1
※予定は変更となる可能性があります。

4 研修修了後

 研修修了者は本県から修了認定書を交付し、県内で失語症者を対象とした、買い物や施設利用等の場面で意思疎通の支援を行うことができるようになります。

失語症とは

 脳卒中などで起こる「ことば」の障がいで、話すこと、聴くこと、読むこと、書くことが困難になります。これらのことにより、失語症の方は他者との会話、買い物、交通機関の利用など、「ことばを使用する日常生活のほぼすべての場面」で困難さに直面します。知らない外国に旅行に行った時のような感覚をイメージするとわかりやすいかもしれません。

参考資料

チラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。