県政一般・報道提供資料

首都圏アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」  「福よせ雛プロジェクト」が東京初進出&鳥取県オリジナルいちご「とっておき」ひな祭り限定スイーツの販売

2022年02月08日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部東京本部   担当/係名:販路開拓・メディア連携・交流支援チーム 
電話番号:03-5212-9186  FAX番号:03-5212-9079

内容

全国で話題となっており、日野町も開催地の一つとなっている「福よせ雛」の展示をアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で行います。2009年のプロジェクト開始以来、東京都内での展示は今回が初めてです。
また、イベント期間中、2階ビストロカフェももてなし家にて、鳥取県オリジナルいちご「とっておき」を使用したひな祭りスペシャルスイーツを販売します

メディアお披露目会

1 日時    2月15日(火)午後1時〜2時(受付 午後0時30分〜)
2 会場    とっとり・おかやま新橋館(東京都港区)

※取材を希望される場合は、2月14日(月)午後5時までに別紙によりお申込みください。

福よせ雛 展示

1 公開期間  2月15日(火)午後3時〜3月3日(木)
2 公開時間  午前10時〜午後8時(2階メイン会場は午前11時〜)

ももてなし家 「とっておき」を使ったひな祭り限定スイーツ

いちごをひな人形に見立て、流しびなのさん俵をイメージしたパイの上に乗せました。パイの中には鳥取県産牛乳といちごをふんだんに使った特製ソースが詰まっています。

1 販売期間  2月15日(火)〜3月3日(木)
(数量限定、前日までに要予約)
2 価格    980円(税込)
3 使用する県産食材 いちご「とっておき」、白バラ牛乳

「とっておき」…開発に20年の歳月をかけ2018年に登録された鳥取県のオリジナル品種。
        すっきりとした上品な甘みと、ほどよい酸味で濃厚な味わいが特徴。

「福よせ雛プロジェクト」とは

家庭での役割を終えた雛人形に「第2の人生」をテーマに新たな命を吹き込む取り組みで、名古屋在住の主婦が中心となってスタートしました。コミカルかつ独創的な姿がSNSや海外でも話題となっています。
 鳥取県日野町は、本プロジェクトに賛同し、開催地の一つとなりました。過疎を食い止めるために「人口補完計画」と題してお雛様に住民票を発行した結果、町人口を超える約3,500体が“移住”するなど注目を集めています。
 12回目となる今年は、全国の32会場に加え、東京・新橋の「とっとり・おかやま新橋館」での開催も決定しました。(東京都内では初)

参考資料

別紙:取材案内状



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。