県政一般・報道提供資料

株式会社モリックスジャパンとの『とっとりの森「カーボン・オフセット」パートナー協定』調印式

2021年07月16日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部森林・林業振興局森林づくり推進課  
電話番号:0857-26-7305  FAX番号:0857-26-8192

内容

県では、森林を活用したカーボン・オフセットを推進するため、カーボン・オフセットに取り組む事業者に県有林J-クレジットを販売しているところです。
この度、株式会社モリックスジャパンとの売買契約に至り、『とっとりの森「カーボン・オフセット」パートナー協定』の締結について調印式を行います。

日時

7月26日(月) 午後1時〜1時30分

場所

鳥取県立図書館 2階 大研修室(鳥取市尚徳町101)

出席者

株式会社モリックスジャパン 代表取締役会長 盛田 眞理(もりた まり)
 株式会社鳥取銀行 取締役専務執行役員 入江 到(いりえ いたる)
 鳥取県知事 平井 伸治(ひらい しんじ)

内容

(1) 県有林J-クレジットを購入する(株) モリックスジャパンとの売買契約の締結及び「とっとりの森『カーボン・オフセット』パートナー協定」の締結
(2)記念撮影

参考

(1) (株) モリックスジャパンの概要
 所在地:鳥取市商栄町203番地6
     業務内容:オフィス家具の販売、システム機器の販売保守、コンピュータシステムの開発やプログラム作成販売及び保守等
    J-クレジットの活用:(株)鳥取銀行の仲介により県有林J-クレジットを令和3年から12年まで10年で合計95トン購入し、社屋及び社用車の使用から排出される二酸化炭素年間約100トンの一部をオフセットする。

(2) (株)鳥取銀行の概要
    平成23年度から県有林J-クレジットを購入する県内外企業を県に紹介する「鳥取県森林J-クレジット地域コーディネーター」として活動。

(3) カーボン・オフセットとは
    日常生活や経済活動において避けることができない二酸化炭素等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方。(環境省ホームページより)

(4) J-クレジット制度
    ・省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度。
・本県は、平成22年度に都道府県で初となる県有林J-VERプロジェクトを登録し、認証を取得。認証取得量は、4,331トンで、そのうち販売等の実績は、34社7団体 合計1,731トン。(今回分を含む)

当日の連絡先

鳥取県森林づくり推進課 藤田 090-4565-1389


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。