県政一般・報道提供資料

県内におけるインフルエンザ患者の集団発生

2017年01月13日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部東部福祉保健事務所   担当/係名:健康支援課医薬・疾病対策担当 
電話番号:0857-22-5694  FAX番号:0857-22-5669

内容

本日、下記のとおりインフルエンザ患者の集団発生について報告がありました。

集団発生の状況(平成29年1月13日(金)午後5時現在)

事案番号
施設名
(代表者 職・氏名)
所在地
在籍者数
累計患者数
現有症状者数
6
鳥取医療生活協同組合
鹿野温泉病院
(院長 木村 章彦(きむら あきひこ)
鳥取市鹿野町今市242
入院患者 185人

職 160人
入院患者 6人

職員 4人
入院患者 5人

職員 3人

    (注) 1 集団発生とは、同一施設で1週間以内に10名以上もしくは全利用者の半数以上の患者が発生した場合をいう。
      2 患者数は医療機関を受診し、インフルエンザと診断されて治療中の患者数である。
      3 事案番号は、今期のインフルエンザ集団発生事案の発生順に付した番号である。

      患者のプライバシー保護の観点から、当該施設への取材にはご配慮をお願いします。

【感染予防についてのお願い】
○咳やくしゃみなどの症状がある場合は、ハンカチやティッシュなどで鼻や口を押さえるなど、咳エチケットを心がけましょう。
○こまめな手洗いを心がけましょう。
○睡眠を十分に取り、栄養に気を配りましょう。
○室内を適切な湿度に保ちましょう。   
○かかったときは「かぜ」と軽視しないで医師の診察を受けましょう。
○ワクチンは感染を100%防ぐことはできませんが、重症になるのを防ぐ効果があります。日常生活の中での感染予防とあわせて、ワクチンを接種することが望まれます。
○鳥取県感染症流行情報第1週(1月2日〜1月8日)によると、インフルエンザは県内でやや流行しています。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。