県政一般・報道提供資料

令和3年度令和新時代創造県民運動活動表彰1次審査の結果及び2次審査の開催について

2022年01月06日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域づくり推進部県民参画協働課   担当/係名:県民運動推進担当 
電話番号:0857-26-7248  FAX番号:0857-26-8112

内容

県内においてそれぞれの地域の資源や特性を生かし、意欲を持って地域づくり活動を積極的に行っている個人や団体の活動を表彰する「令和3年度令和新時代創造県民運動活動表彰」(別紙1「周知チラシ」参照)について1次審査を行い、応募のあった32件のうち、9件を選定しました。今後、1月11日(火)に、プレゼンテーションによる2次審査をオンラインで開催し、最優秀賞等を決定します。
なお、結果発表・表彰式は1月30日(日)に行う予定です。

1次審査の結果

(1)選定された活動
活動実施団体
活動名(主な活動地)
活動内容
一般部門(6件)
浜湯山・多鯰ケ池活性化委員会地域全体の活性化と教育活動を主体とした年間通じての各種活動(鳥取市)山陰海岸ジオパークのジオサイトに認定された「多鯰ケ池」周辺は、その自然環境など観光客を迎えられる状況になかったことから、ジオサイトに相応しい環境整備を目的として活動している。主に、観光地の景観保全や情報発信、観光客集客活動を行うとともに、集落内の除雪活動や交流活動を行っている。
おがもカーシェアリング倶楽部小鴨地区コミュニティー共助交通(倉吉市)住みよい小鴨地区を持続させる手段の一つとして、ボランティアドライバーが共助交通の会員に、通院・買い物等の移動支援を行っている。また、単なる移動支援に留まらず、会員同士の交流を行うことを目的として「茶話会」や「お出かけツアー」を企画し実施している。
NICO Claft(ニコ クラフト)海を笑顔に!〜海からプラスチックゴミをゼロにする親子の挑戦(鳥取市)海岸清掃の際に大量に回収されるプラスチックごみに新たな付加価値を付け、海プラゴミの問題と活用方法を知ってもらうため、キーホルダー作りのワークショップを県内各地で開催した。工作を楽しみながら、地域環境について考える機会を創出している。
社会福祉法人鳥取福祉会 うぶみ苑多機能型事業所UBUMI BASE(ウブミ ベース)(鳥取市)コロナ禍により閉塞感が漂う中「開放的で人が集える場所づくり」をテーマに、地域住民や行政、近隣店舗、協賛企業と協力し、10年以上使われていなかった休耕田を利用した「ひまわり畑」の整備を実施した。ひまわり畑を中心に、障がい者の社会参加、大人から子どもまで楽しめる場所づくりを行った。
こども食堂とみんなの居場所 ほっとここみんなの居場所づくり(倉吉市)地域の中で「生きる力」を身に付けた子どもたちを育てていく仕組みを作ることと、高齢者が「生きる目標(生きがい)」を見つけることを目的として、子どもたちの食事支援や学習支援をとおした多世代間の交流を図り、地域の医療機関や学校と連携しながら子どもたちの居場所づくりを行っている。
良菜会コロナに負けるな!食を通じて推進!暮らしパワーアップ!!(智頭町)メンバー個人の能力・経験等を生かし、メンバーで協力しあいながら、地域で採れた野菜・米・花卉の出荷、弁当・料理の提供、イベント出店、加工品・総菜の通販、伝統食文化の継承、生産技術の向上と情報共有、学校給食への食材提供などを実施するとともに、会員の生きがいづくりの活動を行っている。
若者活動部門(2件)
鳥取県立智頭農林高等学校 森のしずくクラブ緑をとりもどせ!-生物多様性の保全と崩壊地の緑化を目指して-(智頭町)「持続可能な森林経営」に沿った森林管理を目指して始まったクラブ活動。学校で学んだ知識を学校林で実践することを活動の中心として、「シカの食害により裸地となった山腹斜面の緑化」「シカの忌避樹木の植栽による裸地の森林化」「害獣駆除されたシカの皮の有効活用」を実施した。
活動実施団体
活動名(主な活動地)
活動内容
チームしろにゃん(鳥取大学)ねこのてオンライン掲示板づくりプロジェクト(鳥取市)学生をはじめとする多くの人が地域を知り、関わりを持つきっかけを提供する「ねこのてオンライン掲示板」をインターネット上に開設した。また、高齢者にもオンライン掲示板を利用してもらうため、学生によるスマートフォンの利活用講習会を開催し、高齢者の情報の受取・発信の支援をすることで、高齢者と若者の交流の機会となり、地域内での新たなつながりが生まれた。
企業SDGs部門(1件)
N.K.Cナーシングコアコーポレーション合同会社ヤングケアラー夜間休日LINE相談(米子市)学業や就労により平日日中に窓口を利用しづらいヤングケアラーの相談支援をするため、夜間や休日時間帯に相談できる窓口をSNS上に開設した。また、イベント開催や、ヤングケアラーオンラインサロンを開催した。
(2)応募件数 32件(一般部門19件、若者活動部門8件、企業SDGs部門5件) ※昨年度応募数:27件
(3)審査の方法 令和新時代創造県民運動推進委員会表彰部会(県の附属機関)による書類審査(オンライン開催)
(4)審査日時 令和3年12月17日(金) 午後1時から3時まで
(5)審査委員 
所 属 等
氏 名
一般社団法人鳥取県建築士会 専務理事
さわだ としみち
澤田 廉路
ごろねこ民芸庵 民芸員
もろおか まさき
師岡 正樹
歴史カフェ会津 代表
まつばやし あみ
松林 安美
特定非営利活動法人こうふのたより 理事
すえつぐ たえこ
末次 多衣子
特定非営利活動法人コミュニティネット山陰 理事長
おおくぼ きよあき
大久保 舜晤

2次審査(プレゼンテーション)

・日時 令和4年1月11日(火)午後1時から3時20分まで
・場所 鳥取県立図書館(鳥取市尚徳町101)大研修室
・プレゼンテーション 1団体15分(説明7分、質疑応答5分、準備3分)
※ 県立図書館、各審査員及びプレゼンテーション発表者をオンラインで結んで開催(会場及び時間割は別紙2参照)
※ プレゼンテーション終了後に行う審査会は非公開です。結果発表は表彰式当日となります。

表彰の概要について

目的県内で、それぞれの地域や団体等の特性などを生かし、意欲を持って地域づくり活動を積極的に展開している団体又は個人の優良事例を表彰することにより、令和新時代創造県民運動に取り組む団体等の意欲の醸成及び認知度向上を図る。
対象鳥取県内で令和3年1月から12月までの1年間に実施された地域づくり等の活動
一般部門:県内に事務所又は活動拠点があるNPO法人、地域づくり活動団体、個人の活動
    若者活動部門:県内の高校、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等に在籍する学生、生徒が団体・個人で主体的に行う活動
    企業SDGs部門:県内でSDGsを推進する企業による非営利の社会貢献活動
表彰の種類・最優秀賞(1件以内):鳥取県知事表彰、副賞 5万円 日本海新聞への取材記事掲載
・一般部門優秀賞(4件以内):鳥取県知事表彰 副賞 1万円
・若者活動部門優秀賞(2件以内):鳥取県知事表彰 副賞 1万円
・企業SDGs部門優秀賞(1件以内):鳥取県知事表彰 副賞 記念品
・協賛企業賞:あいおいニッセイ同和損保賞 副賞 3万円
         大塚製薬賞 副賞 3万円相当の商品

参考資料

チラシ

会場及び時間割



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。