県政一般・報道提供資料

個人情報を含む書類の誤交付について

2019年08月26日提供 資料提供


提供機関

提供課等:病院局厚生病院   担当/係名:事務局 
電話番号:0858-22-8181  FAX番号:0858-22-1350

内容

県立厚生病院において、患者に対して診断書を交付した際、誤って別の患者の書類を同封した事案が判明しました。このことを受け、直ちに関係者に謝罪するとともに、個人情報の適切な管理を徹底し、今後、同様のことが起きないよう再発防止に努めます。

1 確認日時

令和元年8月23日(金)午前10時頃

2 確認経過

8月23日(金)に、鳥取市の会社から従業員A氏が会社に提出した診断書の封筒の中に、当社と関係のないB氏の書類が入っていたと県立厚生病院に電話があった。直ちに職員が会社に出向き、謝罪の上、書類を回収した。書類はB氏が診断書の申込をした際、受付窓口に提出した、記名のされた入院証明書の用紙であった。

3 原因

出来上がった診断書を、交付用封筒に2名で封入作業を行った際、別の患者の書類が重なっていることに気づかないまま封入してしまい、8月13日(火)、A氏に窓口で診断書を交付した際にも、混入には気付かなかった。

4 流出した情報等

(1)流出した個人情報の内容  生命保険受領用の一般的な入院証明書用紙に記載された氏名、性別、生年月日
(2)流出した件数 1件

5 対応状況

(1)A氏については、8月23日(金)午後、電話で謝罪した。
(2)同日の午後4時頃、B氏宅を訪問し、謝罪するとともに今後の再発防止に努めることを伝えた。

6 再発防止策

(1)診断書の交付に際し、他者の個人情報が含まれた書類が同封されることがないよう、封入書類の入念なダブルチェックを徹底するとともに、窓口交付の際、改めて混入書類がないか確認する。
(2)今回の事案について、職員全員で情報共有することにより、個人情報の適切な管理について徹底する。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。