県政一般・報道提供資料

米子保健所管内で発生したツキヨタケによる食中毒

2019年11月15日提供 資料提供


提供機関

提供課等:西部総合事務所西部総合事務所生活環境局   担当/係名:生活安全課食品担当 
電話番号:0859-31-9321  FAX番号:0859-31-9333

内容

経緯

令和元年11月14日(木)深夜、米子市内の医療機関から西部総合事務所(米子保健所)に、「毒キノコ食中毒が疑われる患者1名を診察した。」との連絡があり、調査を開始した。

調査の概要

患者が県内の山林でシイタケと間違えて採取したキノコを家庭内でシチューにし、家族4人で喫食したところ、3名が11月14日(木)午後8時30分から午後9時頃におう吐の症状を呈した。
 医師の診断結果、患者の喫食状況及び残品から、ツキヨタケを病因物質とする食中毒と判断した。
(1)原因食品  :家庭で調理したシチュー
(2)病因物質  :ツキヨタケ
(3)喫食者数  :4名
(4)患者    :3名
(男性1名、女性2名)(8歳から40歳代)(米子市在住)
(5)患者の状況 :回復している

参考資料

ツキヨタケの特徴

(1)大きさ
傘直径は、10〜20cm程度
(2)色
傘は初め黄褐色で、成熟すると紫褐色〜暗紫褐色
(3)症状
食後30分から1時間程度で、おう吐、下痢、腹痛などの消化器系の中毒症状が現れる。
(4)間違えやすいキノコ
シイタケ、ムキタケ、ヒラタケなど

県民への呼びかけ

毒キノコによる食中毒を防止するために、次の事項に注意しましょう。
毒キノコの食中毒の多くは、素人判断により発生しています。
食用と確実に判断できないキノコは、「採らない、食べない、人にあげない」を徹底しましょう。
鳥取県公式ホームページ(毒キノコ注意喚起)
https://www.pref.tottori.lg.jp/223670.htm


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。