県政一般・報道提供資料

「性的マイノリティ(LGBT)支援学習会」の開催

2021年02月09日提供 資料提供


提供機関

提供課等:総務部人権局人権・同和対策課   担当/係名:人権啓発担当 
電話番号:0857-26-7121  FAX番号:0857-26-8138

内容

性的マイノリティ(LGBT)の方々に対する無理解や誤解による差別、偏見のための生きづらさなどを解決する方策が求められている中、県では、市町村等と連携、協力しながら、LGBT支援の様々な取組を行っています。
今回、米子市におけるコミュニティスペース開設に向けた取組の一環として、下記のとおり、LGBT支援学習会を開催します。
なお、今後、米子市でLGBTの方々の居場所づくりとして、コミュニティスペースの開設を予定しています。

1 開催日時

令和3年2月14日(日) 午後1時30分から3時30分まで

2 場所

米子市福祉保健センター ふれあいの里 大会議室(米子市錦町1丁目139-3)

3 内容

テーマ「セクシュアリティと人権」
講師:眞野 豊(まの ゆたか)さん (日本学術振興会特別研究員)

4 対象者

県民、LGBT支援者等

5 主催者

鳥取県、米子市

6 その他

当日は、新型コロナウイルス感染症の拡大による予防対策として、会場と講師をつなぐオンライン形式よる学習会で、後日、事前申込者を対象に、期間限定で講演をYouTube配信します。
また、会場内における撮影等に関して、参加者へのご配慮をいただく場合がございますので、予めご了承ください。

参考資料

【参考】

(性的マイノリティ支援事業概要)
支援相談員人材育成
居場所づくり
(コミュニティスペース)
LGBTの人権に係る啓発
LGBT専門相談窓口


 県、市町村等でLGBT相談を受ける者及び居場所におけるファシリテーター役の育成を目的とした研修等をLGBTの専門家を講師として年間5回程度実施。県、市町村、支援者などと連携・協力し、LGBTの方々、その家族や友人などが気軽に利用できるコミュニティスペースを鳥取、倉吉、米子の3市で開設。県民などにLGBTに対する正しい理解を進め、偏見や差別の解消を目指すことを目的とした研修資料等の作成。職員ハンドブックの作成(7月)LGBTの方々の生きづらさの解決に向けた一つの方策として、県、市町村、支援者等が連携、協力した「LGBT専門相談窓口」の設置。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。