県政一般・報道提供資料

浦富海岸で見つかった新種のナマコ―ニッポンハナナマコーの展示

2021年02月16日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館   担当/係名:研究担当 
電話番号:0857-72-8988  FAX番号:0857−73−1446

内容

このたび、浦富海岸から新種のナマコが見つかりましたので、当館内で展示することになりました。

 展示生物

ニッポンハナナマコ(全長5〜7cm)

展示期間

令和3年2月16日から
展示生物の状態により、展示を中止することがあります。

展示場所

山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館 鳥取県岩美郡岩美町牧谷1794−4

ニッポンハナナマコについて

2017年9月にナマコの専門家の山名裕介博士(和歌山県自然博物館・学芸員)と、浦富海岸沿岸のナマコ類調査を行った際に見つかり、2020年10月に新種ニッポンハナナマコ(学名:Massinium japonicum)として報告した論文が出版された。近縁種は世界で11種知られていたが、これまで日本沿岸から報告がなく、「ニッポン」の名前が付いた。浦富海岸では多数生息していることが確認され、他にも瀬戸内海や和歌山県沿岸、九州の天草で見つかった。
    食べられるナマコとして知られる「マナマコ」は浅い砂地に沢山見られるが、今回の新種は水深0〜20mの岩の隙間に隠れ棲む。水温の低い時期に枝状の触手を広げて浮遊した有機物を食べていると思われる。このたび、当館学芸員による潜水調査の際、再度展示用に得たので、館内で展示している。

問合せ先

山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館 担当 小矢野   〒681−0001 鳥取県岩美郡岩美町牧谷1794-4
  電話:0857-73-1445  ファクシミリ:0857-73-1446
  電子メール:ootayu@pref.tottori.lg.jp

参考資料

資料提供



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。