県政一般・報道提供資料

青谷小学校生、青谷高校生が古代米の籾蒔(もみま)き体験を行います!

2020年05月08日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域づくり推進部文化財局とっとり弥生の王国推進課   担当/係名:青谷上寺地遺跡整備室 
電話番号:0857-85-5011  FAX番号:0857-85-5012

内容

国史跡青谷上寺地遺跡(あおやかみじちいせき)で、青谷小学校生(5年生)、及び青谷高校生(2・3年生)が古代米の籾蒔きを行います。この企画は、古代米づくりの体験を通して地域の子どもたちに弥生時代の食文化や青谷上寺地遺跡への興味関心を高めてもらうことを目的としています。地域の子どもたちが弥生時代を知るための体験活動している様子を取材いただけますので、ぜひお越しください。

主催

青谷小学校、青谷高校、青谷上寺地遺跡史跡保存活用協議会

協力

鳥取県地域づくり推進部文化財局とっとり弥生の王国推進課、鳥取市教育委員会事務局文化財課

日時、参加者等

【青谷小学校】生徒38名、教諭、青谷上寺地遺跡史跡保存活用協議会職員
 5月12日(火) 午前9時20分〜午前10時頃(1回目)、午後0時50分〜午後1時30分頃(2回目)
【青谷高校】 生徒23名、教諭、青谷上寺地遺跡史跡保存活用協議会職員
 5月12日(火) 午後2時10分〜午後3時15分頃(1回目)
 5月13日(水) 午後2時40分〜午後3時50分頃(2回目)
※いずれも雨天の場合は、各学校と協議し対応を決定します。
※作業状況により早い時刻に終了する場合があります。

場所

青谷小学校生:青谷小学校敷地内(鳥取市青谷町青谷3459)
青谷高校生:青谷高校敷地内(鳥取市青谷町青谷2912)

内容

古代米の籾蒔き

スケジュール (各学校とも共通)

(1)遺跡、古代米についての説明(10分程度)
(2)籾蒔き作業(古代米の種籾を苗床に撒きます、1回あたり20〜50分程度)
(3)後片付け作業 (5分程度)

今後の予定

6月上旬に田植え体験、秋には稲刈りを実施予定。(場所は、史跡青谷上寺地遺跡地内の水田です。)

当日の連絡先

携帯電話 080-6240-9383(担当:浅野、岡野)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。