県政一般・報道提供資料

『研究紀要』第10号の刊行について 

2020年04月16日提供 資料提供


提供機関

提供課等:総務部公文書館   担当/係名:公文書担当 
電話番号:0857-26-8160  FAX番号:0857-22-3977

内容

公文書館では、研究紀要第10号を刊行しました。本号には平成30年9月に開催した明治150年特別企画展記念講演会の講演録や対談、公文書の評価選別に関する事例報告、千代川水系の水害や鳥取大地震に関する論文等、あわせて7本の原稿を収載しています。 

刊行物の種別

冊子(A5判、本文95頁)

入手方法

500円(税込)にて有償頒布します。

頒布窓口

公文書館及び県庁県民課、総合事務所等(八頭・中部・西部・日野)他

内容(題名と執筆者)

(1)明治150年特別企画展記念講演会「開会挨拶」(鳥取県知事 平井伸治)
(2)講演録「公文書と日本人-日本の公文書制度の変遷と課題-」(元日本経済新聞社編集委員 松岡資明)
(3)講演録「公文書から見た近代日本の歩み」(独立行政法人国立公文書館長 加藤丈夫)
(4)対談「明治時代の鳥取-中央と地方の相克-」(松岡資明、加藤丈夫)
(5)事例報告「鳥取県立公文書館の評価・選別について」(公文書館職員 島谷容子)
(6)研究ノート「千代川水系の水害と改修工事-鳥取県の水災史・その二-」(公文書館職員 伊藤 康)
(7)研究論文「『鳥取県震災小誌』と公文書-総力戦下の災害はどのようにアーカイブされるか-」(島根大学附属図書館職員 田中やよい)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。