県政一般・報道提供資料

「ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律」の成立に伴う相談窓口の開設

2019年11月19日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部健康医療局健康政策課  
電話番号:0857-26-7227  FAX番号:0857-26-8143

内容

ハンセン病元患者の家族に対する補償についての新法が11月15日に成立したことを受け、県内のハンセン病元患者の家族の請求手続き等を支援するため、本日から健康政策課及び中・西部総合事務所福祉保健局内に相談窓口を設置しました。

窓口の名称

鳥取県ハンセン病家族補償相談窓口

相談窓口

(本庁)鳥取県福祉保健部健康医療局健康政策課
     電話 0857-26-7202 ファクシミリ 0857-26-8143
     電子メール hansensoudan@pref.tottori.lg.jp
(中部)鳥取県中部総合事務所福祉保健局健康支援課
     電話 0858-23-3145 ファクシミリ 0858-23-4803
     電子メール chubu-hansensoudan@pref.tottori.lg.jp
(西部)鳥取県西部総合事務所福祉保健局健康支援課
     電話 0859-31-9317 ファクシミリ 0859-34-1392
     電子メール seibu-hansensoudan@pref.tottori.lg.jp

相談受付日・受付時間

月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分
※ただし、国民の祝日を除く

補償金の支給対象者と補償金額

ハンセン病元患者がハンセン病を発病した時から平成8年3月31日(らい予防法廃止)までの間に、次の各号のいずれかに該当したことがある方であって、法施行日において生存している方

家族の範囲
補償金額
(1)配偶者
180万円
(2)一親等の血族 ※父・母・子
(3)一親等の姻族その他これに準ずる者として厚生労働省令で定める者(元患者と同居しているもの) ※子の配偶者など
(4)二親等の血族(兄弟姉妹)
130万円
(5)二親等の血族(兄弟姉妹を除く)であって、当該ハンセン病元患者と同居しているもの  ※祖父母・孫、兄弟姉妹の配偶者など
(6)二親等の姻族その他これに準ずる者として厚生労働省令で定める者(元患者と同居しているもの) ※孫の配偶者など
(7)ハンセン病元患者の三親等の血族であって、当該ハンセン病元患者と同居しているもの  ※おい・めい・ひ孫など

請求期限

公布施行日から5年以内 ※公布・施行日については、11月22日が予定されています。

補償金支給の流れ



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。