県政一般・報道提供資料

美保湾で小型底びき網漁船による海底清掃を実施

2022年04月18日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部境港水産事務所   担当/係名:境港水産振興担当 
電話番号:0859-42-3167  FAX番号:0859-42-3169

内容

鳥取県西部に位置する美保湾には、大山などからなる中国山地の山々から、日野川や斐伊川を通じて豊かな栄養塩がもたらされていますが、あわせてプラスチック廃棄物も流入しています。実際に小型底びき網漁業の操業では、多くの廃棄物が網に入り操業の妨げになっています。
美保湾は県内唯一の内湾であり、稚魚の育成場として重要な中海と繋がっており、美保湾から日本海に海洋資源が広がっていく大切な場所になっています。その美保湾の漁場環境を改善するため海底清掃を実施し、廃棄物除去による漁場としての機能回復に取り組みます。
ついては、下記の日程で海底清掃を実施しますので、お知らせします。

海底清掃の概要

日時令和4年4月20日(水)午前8時出港、21日(木)午前8時出港
※天候によっては延期します。
※20日の廃棄物収集状況によっては、21日の海底清掃は9月以降に延期します。
場所中野港、美保湾(別紙「海底清掃海域図」参照)
方法小型底びき網漁船による海底清掃(1回あたり10隻程度)
fig_kaiteiseisou.pdffig_kaiteiseisou.pdf

タイムスケジュール

8時中野港出港
8時15分海底清掃開始
11時海底清掃終了
12時中野港帰港、廃棄物陸揚げ
13時陸揚げ終了

取材方法

当日は、腕章の着用及びマスク等新型コロナウイルスの対策をお願いします。

参考資料

漁場環境保全事業のうち海底清掃(令和4年度鳥取県当初予算)

事業内容県が小型底びき網漁業者に海底清掃を委託する
実施主体鳥取県漁業協同組合(境港支所)
事業費等委託費1,560千円(傭船料1,320千円、廃棄物処理240千円)
日程・4月に2回(20日、21日予定)、9月に2回実施予定
方法・小型底びき網漁船で海底清掃を実施
・距岸1,000m付近を清掃
・魚が入る網の部分は解放し、廃棄物のみ回収する

鳥取県漁協境港支所

担当赤井支所長(電話0859-44-0225)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。