県政一般・報道提供資料

県内でインフルエンザの流行が始まりました

2019年12月04日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部健康医療局健康政策課   担当/係名:感染症・新型インフルエンザ対策室 
電話番号:0857-26-7153  FAX番号:0857-26-8143

内容

鳥取県の令和元年第48週(令和元年11月25日〜令和元年12月1日)のインフルエンザの定点あたりの患者数が、流行開始の目安である1人を超え1.41人となっています。
今後も患者数が増えることが予想されますので、県民の皆さまにおかれましては、早めのワクチン接種、手洗い、マスク着用等の感染予防の励行をお願いします。

県内の流行状況

(1)定点あたりの患者数(令和元年第48週(11月25日〜12月1日))
区分
全県
東部地区
中部地区
西部地区
定点当たりの
患者数
1.41人
0.67人
2.67人
1.55人
患者数
41人
8人
16人
17人

(2)集団感染事例、学校の臨時休業の発生状況(12月3日現在)
今シーズンは、これまで臨時休業5件と集団発生2件が発生しています。
臨時休業
9月2日    鳥取県立米子東高等学校(学級閉鎖 1年次4組)
9月9日    鳥取県立米子東高等学校(学級閉鎖 2年次3組)
9月10日   鳥取県立米子東高等学校(学年閉鎖 2年次)
9月10日   鳥取県立米子東高等学校(学級閉鎖 1年次1組)
9月10日   鳥取県立米子東高等学校(学級閉鎖 1年次3組)

  ○集団発生
    10月3日   鳥取市立こじか園
10月24日  多機能サポートセンターわかばの家勝谷

感染予防についてのお願い

○こまめな手洗いを心がけましょう。アルコールによる手指の消毒も効果的です。
○睡眠を十分に取り、栄養に気を配りましょう。
    ○ワクチンは感染を100%防ぐことはできませんが、重症になるのを防ぐ効果があります。日常生活の中での感染予防とあわせて、ワクチンを接種することが望まれます。
○咳やくしゃみなどの症状がある場合は、咳エチケットを心がけましょう。
    ○インフルエンザ様症状がある場合はマスクを着用して早目に医療機関を受診し、医師の指示に従い治療しましょう。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。