県政一般・報道提供資料

倉吉保健所管内で発生した食中毒

2014年02月25日提供 資料提供


提供機関

提供課等:中部総合事務所生活環境局   担当/係名:生活安全課 
電話番号:0858-23-3149 

内容

1 経緯

 2月24日(月)午前11時頃、東伯郡内の医療機関から、中部総合事務所(倉吉保健所)に、「2月22日(土)に倉吉市内の飲食店で会食した10名のうち2名がおう吐等の症状を訴え受診した。また、この2名によるとあと6名が同様な症状を訴えているようだ。」との届出があり、調査を開始した。

2 調査の概要

上記情報に基づき、中部総合事務所(倉吉保健所)が調査を行ったところ、有症者はすべて2月23日(日)の朝からおう吐等を発症していた。
有症者の共通食事は、当該飲食店での料理のみであり、この料理の残品(ヒラメ)からクドア属の寄生虫が検出されたため当該施設を原因施設とする食中毒と断定した。
(1)病因物質 クドア属の寄生虫
(2)原因食品 ヒラメ(輸入品)のカルパッチョ
(3)有症者 8名(40代〜60代の女性7名、60代の男性1名)
(4)症状 嘔吐、軟便、発熱(37℃台)等
(5)有症者の状況 全員快方に向かっている。
(6)原因施設
施 設 名ホテルセントパレス倉吉ブライダル館 3Fメイン厨房
施設所在地鳥取県倉吉市上井町1丁目9−5
営 業 者株式会社 ホテルセントパレス倉吉 代表取締役 名越宗弘(なごし むねひろ)
業   種飲食店営業(一般食堂、仕出し屋・弁当屋)
(7)措置
 原因施設である上記施設に対し、2月25日(火)の1日間の営業停止を命じた。

【参考】



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。