県政一般・報道提供資料

県内で使用実績の少ない少花粉スギ1年生苗の試験植栽を行います

2022年04月19日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部森林・林業振興局森林づくり推進課   担当/係名:資源循環担当 
電話番号:0857-26-7305  FAX番号:0857-26-8192

内容

鳥取県山林樹苗協同組合では、令和4年度から先進的な育苗技術を持つ日本製紙株式会社(東京都)と協業し、育苗コストの低減や需給調整の円滑化を図るため、苗木の育苗期間を従来の2年から1年へ短縮して生産する取組みを始めます。
 今回は、地元の苗木生産者と造林事業者等が集まり、県内で使用実績の少ない1年生苗木の形状等の確認と試験植栽を下記のとおり行います。

日時

4月22日(金)午前10時から正午まで
※荒天の場合、予定を変更することがあります。

場所

鳥取市国府町三代寺地内
位置図>map.pdfmap.pdf

参加予定者

日本製紙株式会社、鳥取県山林樹苗協同組合、鳥取県東部森林組合、県職員等

内容

・生産目標とする苗木の形状等の確認
・試験植栽

主催

鳥取県林業種苗需給連絡協議会

協力

日本製紙株式会社(苗木の提供)、鳥取県東部森林組合(植栽地の提供)

参考資料

日本製紙株式会社の取組み

 日本製紙株式会社は、CO2吸収力の高いエリートツリー(※1)の育成を推進するため、全国に種苗の生産拠点を設け、地元の苗木生産者との協業により普及に取組む。
 同社は、令和3年12月に本県で初めて認定特定増殖事業者(※2)を取得し、令和4年度から県有地を活用した採種園を整備。同社の特許技術を活用し、鳥取県山林樹苗協同組合との協業により、育苗期間を短縮した苗木生産に取組む。特定母樹の種子が採取できるまでの間、少花粉スギ・ヒノキによる試験生産を行い、協業体制を試行中。

 (※1)エリートツリー
  森林のCO2吸収力向上のため、成長等の特性が特に優れたものを農林水産大臣が指定。
  指定基準:成長量が在来品種と比較して1.5倍以上、材の剛性が平均以上、花粉量が一般的なスギ・ヒノキの半分以下など。

 (※2)認定特定増殖事業者
  エリートツリーの普及を加速させるため、間伐等特措法に基づき県知事が認定する事業者。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。