県政一般・報道提供資料

タイ国際航空が運営するレストラン(バンコク市内)と連携した観光と食の鳥取県フェアの開催〜タイ国際航空と海外自治体との連携は初!〜

2021年02月26日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局国際観光誘客課  
電話番号:0857-26-7310  FAX番号:0857-26-8308

内容

タイでの鳥取県の認知度向上を図り、コロナ終息後の観光客誘致を図るため、タイの大手航空会社であるタイ国際航空が運営する「機内食レストラン」(バンコクにあるタイ国際航空本社敷地内)にて、海外自治体との連携は初となる鳥取県の食材を使った料理を提供するとともに、鳥取県の観光情報をPRするフェアを実施します。

実施内容

(1)概要
 鳥取県の冬の味覚の代表である松葉ガニや紅ズワイガニを1杯分使った「カニ弁当」を、タイ国際航空が運営する機内食レストランで期間限定販売する。
 来店者は、店内の一角に設けられた「鳥取県の食フェア」エリアで食事を楽しむほか、観光動画を視聴したり、パンフレットやノベルティ(エコバック、星取県マスク)等を受け取れる。
 今回、フェアを実施するにあたり、バンコク市内で飲食店を運営し、カニや和牛の輸出を行っているエムケイ開発株式会社(伯耆町)に協力を依頼。毎週、水揚げ直後の活カニ等を直送し、鮮度を保ったままのカニの提供を実現した。

(2)イベント実施期間
 令和3年3月1日(月)から23日(火)まで
 ※カニ弁当販売日は毎週月・火・水曜日のみで、事前予約制。毎週計30食程度(1食5千円程度)を販売し、無くなり次第終了。

機内食レストラン概要

 タイ国際航空の機内食をテーマにしたレストラン(300人程度利用可)。店内の椅子は飛行機の座席を使用し、配膳スタッフは客室乗務員を配置するなど、機内食を疑似体験できる。
 また、ビジネスクラスとエコノミークラスの2つがあり、ビジネスクラスはコース料理、エコノミークラスはリーズナブルな料理を提供。当該レストランは常設ではなく、コロナ禍での一時的な運営。(終了時期は未定)
 ※「鳥取県の食フェア」エリアは、ビジネスクラスのエリア内に設置予定。

タイ国際航空の概要

 タイの最大の航空会社。日本へは成田、関空などに就航している。
 新型コロナウイルスの流行による入国規制で打撃を受け、2020年5月、破産法の適用により経営破綻したが、国の管理の下、再生計画を実行中で、現在は旅客や貨物輸送を継続している。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。