県政一般・報道提供資料

【知事出席に変更】令和3年度鳥取県原子力防災訓練(島根原子力発電所対応)の実施

2022年01月27日提供 資料提供


提供機関

提供課等:危機管理局原子力安全対策課   担当/係名:防災対策担当 
電話番号:0857-26-7973  FAX番号:0857-26-8805

内容

【1月31日 知事出席時間等の追記】
知事の訓練への参加時間を追記しました。

--------------------------------------------
島根原子力発電所の事故を想定した原子力防災訓練を島根県、米子市、境港市等と以下のとおり、2月2日(水)に実施します。
なお、県西部で新型コロナウイルス感染症の市中感染が爆発寸前である状況を踏まえ、接触機会を減らし、市中感染拡大を防ぐため2月5日(土)に予定していた実動訓練は全て延期(時期未定)します。

訓練の概要

(1)日時・場所
日時内容主な訓練場所
2月2日(水)
午前8時30分〜正午
・本部等運営訓練(事務局運営、2県6市によるTV会議)
・広報・情報伝達訓練
・緊急時モニタリング訓練
鳥取県庁、原子力環境センター(県モニタリング本部)、米子市役所、境港市役所、中国電力株式会社島根原子力発電所等
(2)主催(2県6市合同訓練)
   鳥取県、米子市、境港市、島根県、松江市、出雲市、安来市、雲南市
(3)参加予定機関等
   9機関  約50名 ※住民参加なし
(4)事故想定
   島根県東部を震源とした地震が発生し、その後島根原発2号機において、送電線事故により外部電源が喪失するものの、非常用ディーゼル発電機が起動し、非常用炉心冷却装置等による原子炉への注水を実施する。
   しかし、非常用炉心冷却装置等に設備故障が発生し、原子炉への全ての注水が不能となり、全面緊急事態に至る(その後、放射性物質の放出)。
   鳥取県では、災害対策本部を設置し、屋内退避・避難等の防護措置を実施する。

訓練の特徴

(1)(新)積雪期における対応の確認・検証

  ・図上訓練において、事態進展に応じた積雪期の対応手順について確認
(2)非接触による訓練実施
  ・本来、関係機関が参集して開催する災害対策本部会議訓練等をオンライン会議システムを利用して非接触型で実施

知事の訓練参加予定(時間は目安です)

【2月2日(水)】

午前10時40分〜11時00分 県災害対策本部会議(県庁災害対策本部室)
午前11時00分〜11時30分 第2回原子力災害合同対策協議会(県庁災害対策本部室※2県6市首長参加)
午前11時30分〜11時40分 県・市合同災害対策連絡会議(県庁災害対策本部室)
※知事は災害対策本部室から出席されます。
※会議はオンライン会議システムを利用して開催します。



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。