県政一般・報道提供資料

【時間変更】サウンドクリエーター井谷優太さんからの東京2020パラリンピック開会式出演等の報告

2021年09月09日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課   担当/係名:社会参加推進室障がい者アート支援担当 
電話番号:0857-26-7678  FAX番号:0857-26-8136

内容


9月10日変更

次のとおり時間を変更します。

変更後:9月13日(月)午後2時30分から45分まで
変更前:9月13日(月)午後1時30分から45分まで

--------------------------------------
東京2020パラリンピックの開会式にパフォーマーとして出演した倉吉市在住のサウンドクリエーター・井谷優太さんが、開会式の様子などを報告するため下記のとおり知事と面談します。

日時

9月13日(月)午後1時30分から45分まで → 午後2時30分から45分まで に変更(9月10日変更)

場所

鳥取県庁 第4応接室(本庁舎3階)

来訪者

サウンドクリエーター 井谷 優太(いたに ゆうた)さん、伴走者・父 井谷 憲人(いたに のりと)さん

内容

東京2020パラリンピックの西東京市の聖火ランナーとして参加された点火セレモニー及び開会式にパフォーマーとして出演されたこと等の報告を行う。

参考資料

井谷優太さん

 手足に障がいがあっても音楽活動ができる方法を独自に確立し、シンセサイザーとサンプラーを自由自在に操り、音楽制作やライブ活動をしている倉吉市在住のマイノリティ・サウンドクリエイター。
 2015年に東京国際フォーラムで開催された音楽コンテスト「第12回ゴールドコンサート」でグランプリを受賞したことをきっかけに東京都小平市にも拠点(新型コロナウイルス感染症拡大の影響から現在は引き払う)をおき音楽活動を本格的に開始。昨年度末に開催された「TOTTORI LIVE YELL project 倉吉公演」では、自身初となる交響曲を披露した。
 常に自分の可能性を模索し、音楽のみならず、障がいのある人とない人が共に作る劇団「じゆう劇場」では発足時から俳優として参加しており、フランス・ナントやタイ・バンコクでの海外公演に参加するなど、様々な表現手法に挑戦し続けている。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。