県政一般・報道提供資料

高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出等について

2020年12月15日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部緑豊かな自然課   担当/係名:自然環境保全担当 
電話番号:0857-26-7979  FAX番号:0857-26-7561

内容

12月9日(水)に鳥取市気高町日光で県が採取した検体について、鳥取大学で検査したところ、本日、H5亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。
 これに伴う対応状況については、以下のとおりです。
  ※別添のとおり環境省も同時に報道発表しています。

1 検査状況

(1)検体採取日 12月9日(水)
(2)採取場所 鳥取市気高町日光
 ※京都産業大学の検査により12/12にウイルスが確認された場所の近接地
(3)検体種別 環境水:2検体、野鳥糞便:10検体
(4)検査結果 環境水1検体からH5亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出
その他の検体については検査中(1回目は陰性、現在2回目を実施中)

2 対応状況

・採取地点の周辺10km圏内は、12月12日(土)に野鳥重点監視区域として指定済み
(環境水採取の翌日から30日間:1月8日(金)まで)
・12月13日(日)から重点監視区域内の野鳥監視を毎日実施するなど監視の強化を実施中
  その他の区域についても監視頻度を上げて監視強化中
 ・野鳥の検査については、12月18日(金)に東郷池で野鳥糞便を採取し鳥取大学で検査する予定(西部については本日15日に環境省が中海で検体を採取済み。次回は1月に実施する方向で調整中)

3 連絡会議

(1)日時 12月15日(火)
(2)方法 持ち回りにより開催
       結果については、会議開催後に資料提供します。(午後5時30分頃を予定)

参考資料

採取地点からの距離

環境省発表資料



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。