県政一般・報道提供資料

松江商工会議所と連携したベンチャー支援イベントを開催します!

2022年11月25日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部産業未来創造課   担当/係名:産業支援担当 
電話番号:0857-26-7246  FAX番号:0857-26-7246

内容

本県では、ベンチャー育成プログラム「TORIGGER(トリガー)」を実施するなど、成長性の高いビジネスの創出・成長支援に取り組んできました。
この度、同じくベンチャー支援の取組を強力に推進している松江商工会議所と連携し、圏域のベンチャーの事業成長の後押し、また新規事業に取り組む事業者のさらなる掘り起こしを進めるべく、ベンチャー投資家等をお招きして行う連携セミナーを以下のとおり実施します。

1 イベント概要

(1)テーマ及び趣旨
 【テーマ】
「起業家と投資家視点で考えるD2C(※)スタートアップの最前線」
      ※D2Cとは?
    メーカーが中間流通を介さず、商品を直接消費者に販売するビジネス戦略。SNSや自社メディアを通じてブランド
    の世界観を訴求することによるユーザーコミュニティの形成や、データ活用による商品・サービスの継続的なブラッシュアップ、ユーザーごとにカスタマイズされた商品・サービスの提供等が特徴。
 【趣旨】
これまでベンチャービジネスの世界では、IT技術や大学等の研究開発を基盤とする企業が中心であったが、現在、Eコマースによる販売活動やユーザーデータの活用をはじめとしたデジタル戦略によって、急成長を遂げるものづくり系ベンチャー企業「D2Cスタートアップ」が現れてきており、市場でも注目を集めている。
そこで今回、食品加工をはじめとするものづくりに強みを持つ企業が多い山陰地方において、全国各地でベンチャー向け投資活動を進めるベンチャー投資家を招き、「D2C」戦略を通じた事業成長を具体的に進めるための手法や市場トレンドなどの情報を提供する。

(2)実施日時 令和4年12月17日(土)午後4時〜7時30分

(3)場所  米子市文化ホール イベントホール(米子市末広町293)

(4)内容
1.パネルディスカッション 午後4時〜6時
      テーマ:
      「D2Cビジネスモデルの最前線(仮)」、テーマ2「地方発スタートアップとの親和性(仮)」
      登壇者:
      今西 良太(いまにし りょうた) D2C&Co.株式会社(丸井グループ) 共創投資担当
      岸 裕一郎(きし ゆういちろう) 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス CVC担当
      大久保 遼(おおくぼ りょう)株式会社ライスカレー 代表取締役CEO
      井上 豊望己(いのうえ ともお)トリプルイー株式会社 代表取締役CEO
2.交流会 午後6時〜7時30

(5)定員   50名

(6)参加申込 以下のページからお申込みいただけます。
       URL:https://www.pref.tottori.lg.jp/308229.htm

(7)主催   鳥取県、松江商工会議所、一般社団法人KSJパートナーズ
       (協力:株式会社シーセブンハヤブサ)

2 今回の松江商工会議所との連携について

・本県では令和3年度より県内事業者によるベンチャービジネスの創出を目指すプログラム「TORIGGER(トリガー)」を実施し、県内における起業・新事業の機運醸成を進めて参りました。
・同じく松江商工会議所も「オロチアクセラレーションプログラム(旧 島根経洗塾)」の実施等を通じて、起業・新事業の支援、ベンチャーコミュニティの形成を推進しています。
・今回の取組は両団体が連携することにより、圏域におけるベンチャー育成環境の向上、そして域内事業者の事業成長促進に繋がることから、共同でイベントを実施することとしたものです。今後も両地域のベンチャーが新規事業のビジネスプランをプレゼンするピッチイベントの開催等を検討しています。

参考資料

イベントチラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。