県政一般・報道提供資料

鳥取市浜坂(砂丘西側の市道)におけるツキノワグマ目撃情報と対応について

2020年05月22日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部緑豊かな自然課   担当/係名:自然環境保全担当 
電話番号:0857-26-7978  FAX番号:0857-26-7561

内容

5月21日(木)午後、鳥取市浜坂の市道においてツキノワグマが目撃され、本日午前に現地確認を行った結果、クマの姿や足跡は確認されず、クマが砂丘方面に向かった可能性は低いと考えられますが、皆様に安心して生活や観光していただけるよう、市と県で注意喚起や見回り等を行っていきます。

1 目撃情報の概要

(1)日時  令和2年5月21日(木) 午後0時45分頃
(2)場所  鳥取砂丘西休憩舎から西へ約70mの車道(市道浜坂2号線)
(3)目撃状況
       鳥大乾燥地研究センター職員が、市道を車で西方面に走行中、対向車線を歩いてきたクマが海側の林の中へ向かう姿を目撃。体長は1.5m程度(成獣)。

2 現地確認結果

・5月22日(金)午前、乾燥地研究センターから市に目撃情報が入ったため、目撃者の立ち会いの下、市(農政企画課)と県(緑豊かな自然課)で現地確認を実施。
    ・クマが目撃された海側の林と原野、及び西休憩舎付近の砂地を巡視したがクマの姿や足跡は確認されなかった。このためクマが砂丘方面に向かった可能性は低いと考えられる。

3 市と県の対応状況

鳥取市と鳥取県で、鳥取砂丘周辺の見回りを実施し、安全確保への取り組みを強化しています。  ・周辺の施設、自治会、学校、保育園、一般市民等への注意喚起を実施
 ・目撃場所周辺に注意喚起の看板を設置
 ・目撃場所及び砂丘周辺の見回りを、市と県の職員が毎日実施
 ・鳥取砂丘に既設のライブカメラ(2台)の映像を、砂丘レンジャー詰所において随時確認

4 ツキノワグマによる事故を避けるためのポイント(不意な遭遇を避ける)

・ツキノワグマは早朝や日暮れ時に出没することが多いため、その時間帯の外出は避ける(一人でのウォーキング、ジョギング等)。
・周辺の林や茂みには立ち入らない(クマが潜んでいる可能性あり)。
・複数人数で、鈴・ラジオの音や声を出しながら行動する。
・キャンプ場では食材・生ゴミを放置しない。
・万が一、ツキノワグマと出会っても、慌てずに素早くクマから離れてください。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。