県政一般・報道提供資料

スナバ国国民パスポートの発行開始!スナバ国国民を募集しています

2022年09月28日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局観光戦略課   担当/係名:サイクルツーリズム振興室 
電話番号:0857-26-7273  FAX番号:0857-26-8308

内容

 4月に観光庁「第2のふるさとづくりプロジェクト事業」に採択され実証中の「はじめまして&おかえり鳥取プロジェクト〜人口最少県の生き残りチャレンジ〜」で展開する「スナバ国国民パスポート」の公式ホームページを本日公開し、国民募集を開始しました。
 10月からはスナバ国民を対象として、県内の体験施設などの周遊を促すキャンペーン「鳥取ふるさとラリー」を開催するなど、「鳥取県のファン」や「鳥取を第2のふるさとと思っていただける方」を増やし、何度も通いたくなる、帰りたくなる鳥取県を目指してまいります。

スナバ国WEBサイト

スナバ国国民パスポート

(1)スナバ国民とは
   ・鳥取県をこよなく愛する方からちょっと気になっている方まで、鳥取県に興味のある方
   ・鳥取県の魅力あふれる自然や文化、人の温かさを通じて、鳥取県をもっと好きになっていただくことが条件
(2)スナバ国民の特典
   ・国民ID発行とパスポート取得
   ・国民限定キャンペーンへの参加(豪華宿泊券が当たる「鳥取ふるさとラリー」など)
   ・随時実施するアンケートへの回答(リアルな声をスナバ国の運営に反映します)
   ・モニターツアー(有料)への参加(ツアーをよりよくするためのアイデア出しをしていただきます)

はじめまして&おかえり鳥取プロジェクト〜人口最少県の生き残りチャレンジ〜

 地域貢献や田舎に興味がある都市部の方に対して、県内の各地域で地域貢献型や地域の特色を活かした体験メニュー、地域の人と触れ合う機会を提供し、鳥取県へ訪問していただく機会の創出を目指しています。
 訪問をきっかけに、地域住民や地元事業者との深い人間関係を構築し、何度も訪れていただくことで関係性がさらに深化し、「鳥取県のファン」や「鳥取を第2のふるさとと思っていただける方」との交流を深めていくため、さまざまな事業に取り組んでいます。
(1)実施体制
   代表主体:鳥取県
   連携事業者:(一社)麒麟のまち観光局、(一社)鳥取中部観光推進機構、全日本空輸(株)、ANAあきんど(株)山陰支店、(株)おてつたび、(株)鳥取銀行、(株)リクルート
(2)主な事業 
   ・滞在コンテンツ(体験メニュー等)、滞在場所、移動の足、地元の人との交流の場を組み合わせたモニターツアーの実施
   ・来訪者をサポートするコンシェルジュ・フレンドリーの運用
   ・ANAトラベラーズとコラボレーションしたおてつたびツアー
   ・スナバ国国民パスポート など

参考資料

観光庁「第2のふるさとづくりプロジェクト」実証事業について

 コロナ禍等によって働き方・住まい方に関する意識が変化する中で、密を避け、自然環境に触れる旅へのニーズなどが高まっている。こうした新しい動きも踏まえ、国内観光の新しい需要を掘り起こし、地域経済を活性化する観点から、いわば「第2のふるさと」として、「何度も地域に通う旅、帰る旅」という新たな旅のスタイルを提案。
 <実証事業のターゲット>
  1.初来訪、再来訪を促す要素・仕組みづくり
  2.「何度も地域に通う旅、帰る旅」を実現するマーケティング手法の活用
  3.「何度も地域に通う旅、帰る旅」に求められる滞在・移動環境の整備


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。