県政一般・報道提供資料

住宅復興状況把握のための航空撮影について(第1回)

2017年04月19日提供 資料提供


提供機関

提供課等:中部総合事務所中部総合事務所生活環境局   担当/係名:建築住宅課 
電話番号:0858-23-3234  FAX番号:0858-23-3266

内容

中部地震による被害の代表的な例である屋根のブルーシートの状況を把握するため県防災ヘリで空撮し、復興状況を市町と協力し、地震発生後の平成28年11月2日の空撮写真を基準としてブルーシートの減少状況を定点観測する。
復興状況の確認は空撮した写真に基づきブルーシートの住居を判別、あわせて地上からも目視により確認し、住宅地図上に転記することにより、復興状況の進捗(可視化、数値化)を把握する。

第1回目の航空撮影を行い、その結果、基準とする平成28年11月2日と比較し、ブルーシートの数は70%に減少していることが確認できた。

復興状況把握の手順

1 撮影場所の選定(県と市町で協議)
2 空撮(県消防防災センター)
3 分析(市町) 空撮写真及び地上からの目視により被害住居を住宅地図へ転記
4 集計とりまとめ(中部総合事務所生活環境局)

撮影予定日

撮影日 平成29年4月上旬、5月中旬、8月上旬、10月下旬を予定
※取りまとめは空撮後、概ね2週間程度必要

第1回調査結果



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。